練習風景

2020年01月16日

昨日の練習(1月15日)

S__80396292


S__80396293


今シーズン1番(私の主観)の冷え込みでした。

高学年の練習はゲームメイン。
2面とも元気よく、見ていて楽しかったです。
聞こえてくる声がいつも同じ選手からでなく
全員の声が聞こえるようになれば
もっと楽しくなります。
それは観ている方も、やっている方も。

サッカーも勉強も、それ以外でも
やらされているだけでは
成長に限界があります。

初めは良いかもしれませんが
早く気付いて
やらされている状態、レベルから
早く抜け出してください。

ま、ジャンルによっては
小学生のうちは無理かもしれませんが
サッカーは「好きなこと」のはずですから
比較的、簡単ですよ!

雨も降る中、お疲れさまでした。
maruhashikouta at 20:00|PermalinkComments(0)

2020年01月06日

初練習(1月6日)

S__79880204


今年の初練習。
ゲームをたくさんしました!
最後の試合は盛り上がっていましたね!

今日の1番乗りは
4年生ヒトキと3年生リョウスケ。

上手になる子は、早く来ます。
ミツオも言ってました。

https://number.bunshun.jp/articles/-/842056

来れなかった子、来なかった子は
他の機会で、別でがんばってください。

maruhashikouta at 18:38|PermalinkComments(0)

2019年10月22日

自分たちで

勝手にやってます
S__75833363


グラウンド不良で
チームでの練習は中止にましたが
やる子はやるのですね。
グラウンドは空いていると伝えましたので。
子ども達に伝えていただきましたか?

S__75833365


足で線を引いて、
ゴールは水筒とローラーブレード(?)で
つくっていました。

自分たちで考えて素晴らしいです。

サッカー好きですね!
練習中止にしてゴメン!
また明日やりましょう!
maruhashikouta at 10:52|PermalinkComments(0)

2019年08月21日

本日の練習(8月20日)

本日と言いながら、昨日
AC41BBF4-7E72-48FC-934D-36EB343D4C7D

昨日はいつも練習がない曜日に
いつもより遅い時間に練習をしてみました。

塾、そろばん、スイミングに
まだまだ夏休みということで帰省に旅行
お休みが多かったです。

それでも、スイミングや塾が終わって
すぐに駆け付けてくれた子もいました。

試合も、すごくもりあがりました。
急遽、参加してもらった3年生も
大活躍でしたね!

お疲れさまでした!

maruhashikouta at 20:21|PermalinkComments(0)

2019年07月23日

今日の練習(7月23日)

E9775E91-23A4-43B6-9E22-5E82A011F60E


久しぶりの青空ですね!
残念ながら、今日の練習は
冷房の効いた体育館でした( ´∀`)つ

今日は2面使えました。
残念ながら、お休みが多かったですが
プールや用事を終えて駆け付けた選手もいました。
サッカー好きですね〜

最後の試合は
うるさいくらいに、よく声が出て
盛り上がっていましたね。
特に3・4年生。素晴らしいです。

最後に問題も起こりましたが
みんな他所事(よそごと)ではありませんね。
よくあることです。

練習に来ていない子も、同じです。
自分は関係ないですか。
いつでも自分中心なあなたは、
サッカーもうまくなりません。
残念ですが、変わるのは自分です。指摘はしますが。
がんばりましょう。期待はしています。



maruhashikouta at 13:20|PermalinkComments(0)

2019年07月03日

今日の練習(7月3日)

雨にも負けず
EFF83B93-E6A2-4F90-ACE3-A5ABA99DE430



今日は大雨警報がでましたが
練習できました。

大雨警報で学校はお休みに・・・
なりませんよね?

違っていたらすいません。

河川が近くにある地域や
浸水する可能性がある場所(近鉄の線路下)
を通る子がいないと考えて
問題ないと思い実施しました。

少し早く終わった高学年。
新キャプテン挨拶!
C8E47025-1BD5-48F0-9FB4-1A3FB05A703E


今年は3か月で順番に。

「キャプテンだからやらないといけない」
「キャプテンじゃないからやらなくて良い」

どちらも
そうじゃないよね、ということを
みんなで再確認しました。

みんなでレベルアップしましょう。
サッカーでもそれ以外でも。

どちらかだけ、ということは
【ありえない】です。

しっかり見抜かれていますよ。

さぁ、どうしよう?

maruhashikouta at 23:51|PermalinkComments(0)

2019年06月27日

子どもの時間

勝手にやってました
5632BB80-525F-4465-A22E-630736D150EE



子どもたちの指導を始めた頃、早い段階で
「助けることは必ずしも、子どものためにならない」
ということに気づきました。

遊び心のある先輩たちのおかげでした。


近くで見守る?見ておく?
それが良いのかな、と思い
子どもたちと時間を共有してきましたが
その考えも、また少し変わってきました。

「子どもの時間」というのがあります。
そこに大人はいません。
いたら「子どもの時間」じゃありません。

子どもたちは、
大人がいる時といない時では
行動や発言が変わってくるという
すごく当たり前のことに気づきました。

実は、気づきにくいことです。

それは、そうですね。
自分がいない時の子どもの振る舞いは
見れませんから。

こっそり、覗いて
こっそり、耳をすませて
知らんぷりして、気づきました。

今日練習でもありました。
子どもたちに任せると
いつもはやらないことをしてくれる子がw(゚o゚)w

そんなこともあるのです。
私がいたら、きっとやらなかった。

子どもたちの成長を
大人の存在が、大人の行動が
邪魔をすることがあるのです。

それに大人が気づいたら良いのですが、
気づきにくいことですね。
難しいですね。

気づいたら、ほっとけないですね。
大人が動いた方が楽ですし、
苦しくないですもんね。

分かりますが

邪魔してます(´∀`*)

失敗はあると思います。
失敗した後の行動が大事です。

ま、失敗したと思っていなければ・・・
まぁ残念ですね。
かわいそうなのは、子どもたちです。

一人でも多くの大人に
早く気がついて欲しいです。

明日も練習予定!
雨、降りませんように。
おやすみなさい!



maruhashikouta at 00:25|PermalinkComments(0)

2019年06月16日

昨日の練習(6月15日)

体育館でしたので
4321098F-093E-4CAE-AF0D-FC30621B9CD7


大雨だったみたいですが
気づきませんでした。

キックの練習をたくさんしました

ゲームもたくさん
233818A2-B0A5-4503-A187-5560173B243D


今日の試合も頑張りましょう!
maruhashikouta at 13:54|PermalinkComments(0)

2019年06月08日

あきらめる根拠がありません

昨日の練習
84B168C4-AE94-46A5-B912-4F41600ECC38


雨がやんでくれて
水はけの良いグラウンドのおかげで
濡れることもなく練習できました。

競争もありますが
今は過去からできたものなので
未来は今からつくれます。

あきらめずに、やってください。

あきらめさせるのが得意な人たちに
負けないでください

自分が小さいときに、
今の自分がこんなになってるって、
わかっていた人はいないと思います。

そらそうです。
人間は、未来がわかりません。

てことは。
今の自分が、未来にどうなっているのかは、わからないはずです。

だから、

自分の人生、しょせんこんなもんだ。

と、未来をあきらめる必要は、まったくありません。
というか、あきらめる根拠がありません。

人生は、いくらでも変わります。
変わらないのは、変わる可能性をあきらめて、なにもしないからか、
変える方法を間違えていただけです。

しかし、学生時代、学校の成績で進学先を決められます。
僕は、中学生の時に、進路の先生に、「飛行機ロケットの仕事がしたい」と言ったら、
「飛行機やロケットは、東大に行かないとできない。」
「お前の成績では、東大には絶対に合格できない。」
「お前の成績でいけるのは、この学校だけだ。」
「ということは、お前には進学は無理だから、はやく就職先を決めろ。」
と言われました。
みごとに、わかりやすい説明です。
ちなみに、僕は沢山の子から手紙をもらいますが、
そこにも、これと全く同じ事が書かれています。

これは、「変えることの出来ない過去の成績」で未来をあきらめさせる行為です。
これをやられてしまうと、「過去」がだめだと、「未来」もダメなんだ。
と思うようになってしまいます。
でもこれは、間違った情報です。

お願いだから、大人の人達は、子ども達に、「出来無い理由」を教えないでください。
なぜなら、「出来無い理由」は、いろんなのがあるけど、
最後には全部同じ意味になってしまうからです。

それは
「努力してもムダだよ」
です。

たとえば、子どもが、歌手になりたい。と言ったとします。
「歌手なんて、すごく競争激しくて、お前なんてなれるわけがない」
「歌手なんて、喰っていけないぞ。不安定だぞ。」
「歌手なんて、よほどルックスがよくて、よほど歌がうまくないと無理だ。」
「歌手なんて、強いコネがないとなれない。」
「歌手なんて、ものすごい金を使って、専門の学校に行かないと無理だ。」
もう、いくらでも出てきます。
(これらは、子ども達のお手紙にあった、実際の大人からのアドバイスです。)
でもこれらは、すべて、「努力してもムダだよ」につながる、「できない理由」です。

そうじゃなくてさ。
「歌手!?いいね! だったらさ、まずは、今度の町のイベントで歌ってみない?」
「だったらさ、実際の歌手に会いに行ってみようよ!」
「だったらさ、僕の知り合いで、カラオケで高得点だして、芸能デビューする人がいるよ!まずは、カラオケいこうよ!高得点狙ってみようよ!」
ほかにも、いくらでも、未来につながる道があります。
ちいさなことでも、やってみたら、わかることがあります。
もっと上手になる可能性もあります。
その「もっと踏み込む」きっかけを、アドバイスすべきだと思います。

自分が、できない理由を教えたら、未来をあきらめる子が誕生します。
その子もまた、できない理由を教えるようになります。
それはもう、ゾンビのように感染拡大していきます。

しかし、
自分が、「だったらこうしてみたら?」を教えたら、未来をあきらめないで挑戦する子が誕生します。
その子は、「だったらこうしてみたら?」を伝える人になります。
それも、どんどん感染拡大していきます。

ささいなことで、社会は滅びます。
ささいなことで、社会は発展していきます。

「あきらめ方を教えない。出来る方法を考える。」ってのは、
増税とか、働き方改革よりか、よっぽど日本の発展に効果的だと思うけどね。


なぜ、未来をあきらめてしまうのか?理由があるよ。


maruhashikouta at 05:47|PermalinkComments(0)

2019年05月07日

本日の練習(5月6日)

GW最終日、練習再開。
5D9BBB00-4B20-4220-A855-89F998CA4286


GW精力的に活動するチームも
たくさんありましたが、
プライマリーはせっかくの10連休
初日の午前、最終日の午後以外は
「あえて」の全部お休み。
しっかり休んで、遊んできましたか?

再開後の最初の練習は全部ゲーム( ´∀`)つ
高1のOB2名とその友人1名が
参加してくれました。
41411F75-2BA4-44EF-9B55-BA4765B144B6


ラグビー部の背中はデカい!

小学生に試合前後、
いろんな話をしてくれました!
成長してるな〜
ありがとう!また来てください!

今日から学校も再開。
日常に戻りましょう!がんばりましょう!

maruhashikouta at 11:45|PermalinkComments(0)
サッカーゴールVIGO