2009年04月01日

お勧めTV番組

火曜の夜のお勧めTV番組と言えば…

NHKの「プロフェッショナル〜仕事の流儀」
http://www.nhk.or.jp/professional/

火曜の22時からやってます。
脳科学者の、茂木健一郎が司会者。

途中から見たのですが、昨日のテーマが…

「プロに学べ!脳活用スペシャル これが育ての極意だ!」
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090331/index.html

内容は番組HPから見てもらった方が分かりやすいですが…


あえて教えない
人に教えられた場合よりも、自分で答えを見つけたときの方が、
喜びや快感を生み出すドーパミンという物質が
より多く脳内に放出されると考えられている。
「相手の自発性を尊重することが、相手の脳の可能性を一番活かすことになり、結果として、最大の効果を引き出すのです」(モギさん)

ひたすら待つ ただし、観察しながら
自発性は、いつ出るかわからない。だから、粘り強く待ち続けることが基本。
ただし、待つだけでなく、相手の様子をよく観察することが大切。
微妙な変化(わずかな疑問や興味など)
“自発性の芽”は、良く観察しないと見えてこない。

芽を見つけたら、その時、本気でアクション
「知りたい」という欲求が高まると、脳はその答えを受け入れようと準備する。
このとき教える側が本気の行動をとれば、答えはより強く記憶に刻まれる。

自発性の回路を育め
脳には“自発性の回路”があらかじめ備わっている。
自発性の回路は、何で育んでも良い。
一番いけないのは「あれをやりなさい、これをやりなさい」と強制すること。
これでは、自発性の回路を育む機会が失われてしまう。
(;´Д`)

「安全基地になる」
挑戦する心を育むためのキーワード「安全基地」
,笋蠅燭い海箸鬚笋蕕擦
応援団に徹する
7臈世蘯け入れる
ずい辰浸こそ、手助けする

そばで見守っている存在=安全基地があるからこそ、
人は安心して新しいことに挑戦できるようになる

後悔のススメ
「後悔」することは、自分を育て、成長させる効果がある。
後悔している時に活動するのは
脳の中でも、環境の変化に対応する“適応力”を司る部位。
つまり後悔するということは、環境の変化に対応し、
自らを成長させることだと考えらる。

「後悔している時は、
現実に自分がとった行動と、
こうすればうまくいったのにという想像との比較が、
同時に行われているんです。
自分の選択に反映される価値観や世界観を反省し、
考え方を変えるきっかけになるわけです。
つまり後悔は、未来を変えるためにやっているんです」(モギさん)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
安全基地になる(なりきる)のって難しいですよね〜
,鉢が特に難しいような…
ついダメ出ししちゃってます(((( ;゚д゚)))

「後悔」ってネガティブな感じでダメだと思ってましたが…
自分の選択に反映された価値観や世界観を考え直す
良い機会であると考えれば、「後悔」もポジティブ(前向き)なんですね〜。

後悔しても、凹まず、前向いて頑張りましょ〜
「ピンチはチャンス」ですよね(☆゚∀゚)





maruhashikouta at 06:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サッカーゴールVIGO