2020年11月

2020年11月27日

自分に期待




「僕は子どもたちに投げかけているのです。『俺は期待しないから、自分に期待しろ』と選手たちには言っています。自分はもっとできる、まだまだやっていないことがたくさんある、そんな風に自分を信じて、自分に期待してほしい。そういつも言っているのです。

そうしたら、自分で何をするべきか考えるようになる。そうなったら最高です。僕らが期待したところで伝わらないですよね。過度のプレッシャーになってしまうかもしれないですし」


−親も指導者も同じかもしれないですけど、子どもたちに後悔させたくないと思うあまり、先回りして、思わず口出しをしてしまうってことがあるような気がします。

「そうですね。サッカーというのは、そういう意味では難しいスポーツかもしれません。自由度が高くて、答えがないスポーツですから。監督が何を言っても、最終的には選手たちが自分で判断をしないといけません。こちらからは助けようがないのですよ。

それにこうしたら必ず上手くいくって答えはありませんし。その点がある程度シチュエーションが決まったスポーツと大きく違う部分でしょうね。決まった動きを数多くトレーニングすれば結果が出るスポーツもありますけど、サッカーの場合は自由に動き続けているわけですから。だからこそ、ある程度自由にさせないといけない。そして、いつもやる気がみなぎっているような環境にしてあげなきゃいけないと思います」

maruhashikouta at 05:47|PermalinkComments(0)

2020年11月26日

【1〜3年生】TM(11月21日)*更新済み

S__95338501

3連休でお休みが多かったですが・・・
みんながんばりましたね!

6人制、10分1本
vs東浅香山JSC
【2・3年生】
ホワイトチーム
S__95338504

0-2
0-1
4-1
【セナ1、ケイタ3】
0-1
6-1
【ケイタ4、セナ1、OG1】
4-3
【セナ2、ケイタ1、アラタ1】

オレンジチーム
*ホワイトから1名ヘルプ
S__95338503


0-0
1-1
【シュンスケ1】
0-2
3-1
【ケイタ1、シュンスケ2】
2-0
【シュンスケ2】
3-2
【シュンスケ1、セナ1】

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
コメント
今日は2・3年生チームを見させていただきました。
1,2,3本目と得点が取れず
相手にペースを握られる展開が続き、
苦しい試合になりました。
しかしその後キャプテンのシュンスケ、セナ中心に
声を掛け合いしっかり立て直し、
得点を奪うことができて良かったです。

空いてるスペースにドリブルしての得点や
相手を交わしての得点が多かったので、
練習でやってることが生きていて良かったと思います。
その他にもスルーパスからの得点や
コーナーキックからの得点もありました。

もっともっといろいろなパターンで得点出来るよう
練習していきましょう!

失点後やボールを奪われた後の切り替えが遅く、
止まってしまう選手が多かったので
そこは練習から頑張っていきましょう!

コウセイコーチ

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.
【1・2年生チーム】
グリーンチーム
S__95338505

1-1
【カツキ1】
0-2
1-1
【ソウタ1】
1-1
【カツキ1】
1-3
【ソウタ1】
0-1

グレーチーム
S__95338506

1-2
【コウヘイ1】
0-1
1-2
【ヒサタカ1】
1-2
【ヒサタカ1】
0-1
2-1
【コウヘイ1、?1】

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

全員が攻撃にも守備にも関われていて
とても良かったです!

ボールを持った時、
相手がたくさんいるところに
ドリブルでつっこむ場面が多くあります。

今、練習でターン(方向を変えるドリブル)をしています。
相手が少ない方を見つけてターンをしたり
運んだりパスを出せたりできれば楽に前にボールを運べますよ。

練習からがんばりましょう!
maruhashikouta at 14:52|PermalinkComments(0) 試合結果 

マラドーナ







多分、生まれた初めて認識したサッカー選手。
「左利きいいなー」とサッカーしていて言われるのは
マラドーナのおかげです。
ブラジルよりもアルゼンチン派でした。
レアルじゃなくてバルサ
ミランよりもナポリを好きになりました。


昨日のアルゼンチンの新聞だそうです↓










maruhashikouta at 12:38|PermalinkComments(0) サッカー選手 | マラドーナ

2020年11月24日

never too late




そういうことです。
やりましょう。

never too late
「遅すぎる、なんてこと、なにもない」

学生時代に友人に教えてもらった言葉です。

先に始めた人に負けて当たり前なんて
思った時点で、負け確定ですよ。

がんばりましょう。


maruhashikouta at 20:30|PermalinkComments(0) ひとりごと 

2020年11月23日

【4〜6年生】TM(11月23日)

S__95371280


8人制、15分1本
*最後の試合は20分1本

vs南百済FC
【5・6年生】
0-0
1-2
【大田垣1】
2-1
【穂積1、高橋1】
0-1
2-1
【大田垣1、穂積1】

【4年生】
1-2
【法嶋1】
1-1
【紙谷1】
0-3
1-0
【岡本1】
3-0
【紙谷3】

*スコア、得点者は間違えているかもしれません
指導中のため、ご了承ください。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

今日は「やりたいポジション」を
できるだけ優先して試合に出場してもらいました。

試合してみたら分かったと思いますが
「やりたいこと」と「できること」が
ある程度、一致しないと
ひどいことになります。

「やりたいこと」が「できる」ようにするには
練習をがんばって、できるようにして、
試合に来て、
やってみて、やってみて、やってみて
積み重ねていかないと、いけません。

積み重ねが少ない子は
その分、多く、積み重ねていく努力、工夫をしましょう。
今日の取り組みも、どうでしたか?
そういう努力、工夫できましたか?

先月から取り組んでいた
ボールの持ち方、ターンの仕方も
まだまだ間違った使い方をしている子が多いです。

今月、取り組んでいる方向を変えるドリブル
試合で有効に使えていましたか?
良くなっている選手もいますが
もっと良くなります。

みんなでがんばりましょう!


maruhashikouta at 20:01|PermalinkComments(0) 試合結果 

【1年生】アスリーナカップ(11月23日)*更新済み

23424


8チーム参加、10分1本
予選リーグ
vs東淀川FC・B
2-0
【カツキ2】

vsアスリーナ清水
0-2

vs池田てしまFC
1-1
【カツキ1】

予選2位で
上位トーナメント
準決勝
vsイーデス阿倍野
1-2
【ソウタ1】

3位決定戦
vs池田てしまFC
1-2
【ソウタ1】

結果:8チーム中4位
チームMVP
せめるのもまもるのも
がんばっていたカツキ!

骨折して休んで・・・ましたよね?(笑)


23428


グループリーグ2位通過!
あと1つ勝てば…
トロフィー🏆に手が届く!

ところがあと1点が遠かったですねー

みんながんばってました。

でもがんばるのは、あいてのチームも同じです。

勝てないのは今の自分、

そして
プライマリーカラーFC の
チームの実力です。

自分に、チームに
何が足りないのか、

何ができたらいいのか、

分かってはいても
すぐにしあいで、できるようには
なりませんね。

なんでもかんでも、
まえにつっこまない、けらない、
ひろいところをさがす・・・

れんしゅうで、できないことは
しあいでも、できません。

水曜日また、れんしゅうあります。
次はトロフィー🏆
もらえるように、がんばりましょう❗

maruhashikouta at 19:36|PermalinkComments(0) 試合結果 

【2・3年生】ミニゲーム大会(11月23日)

S__95371283


今日は2・3年生だけでミニゲーム大会。
他の学年は試合があったので・・・

残念ながら、かなり欠席が多く、
開催が危ぶまれましたが
午後からの試合の集合時間2時間前に
グラウンドに来た4・5年生にも
参加してもらいました。

ヒトキ、レイ、リョウスケ、リョウマ
ありがとう。

大会は毎試合チーム替え、個人戦でポイント。
チームが勝ち→
チームが引き分け→⓵
チームが負け→⓪

それに加えてゴールポイント。
2点取ったら、チームが勝とうが負けようが2ポイント。
4対3なら
勝ったチームは7ポイント
負けたチームも3ポイント。

負けそうな試合でも
最後まで1点をめざしてプレイ。
大事なことです。
どの試合も最後まで1点を目指して
みんなで声を掛け合って頑張っていましたね♪

す・ば・ら・し・い。

相手が強かろうが、試合は相手がいないとできません。
どんなに負けていても、プレイを放棄するのは
相手に失礼ですし、許せません。

今日のようにいつもプレイして欲しいです!

結果は〜
本人も驚きのリョウヘイ
S__95371282

4年生リョウマも同点優勝でしたが、
ここは4年生ということで
記念写真はリョウヘイと3位のマナトだけ

またやりましょう!

《結果》
1位:25ポイント→リョウヘイ、リョウマ
3位:20ポイント→マナト
4位:19ポイント→シュンスケ、ヒサタカ、ケイタ、リョウスケ
8位:16ポイント→アラタ
9位:15ポイント→ジン
10位:14ポイント→コウタ、ルシン、レイ
13位:12ポイント→ヒトキ
maruhashikouta at 19:26|PermalinkComments(0) 練習風景 

2020年11月21日

【5・6年生】TM(11月21日)

S__95338509


8人制、12分ハーフ
*3試合目後半のみ15分
vsリスペクトFC
0-0

vsアンドリュース
2-2
【石橋2】

vsリトルFC
0-7

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

久しぶりの人工芝での試合。
テンション上がってましたね。

3試合目は
慣れない、向いていないポジションの
センターバック、キーパーで
簡単に失点を重ねてしまいました。

改めて、
「やらなければならないこと」と
「できること」が合わないと
ひどいことになること、感じられましたか?

良いプレイもたくさんありましたが
もっと、やるべきことの実行力
つけていってください。

明日も頑張りましょう。



















maruhashikouta at 21:50|PermalinkComments(0) 試合結果 

2020年11月19日

やる気の種類


子どものやる気には種類があります。


心の内側からこみ上げるやる気と、
外側から起こるやる気。


外側から起こるやる気の多くは
「ごほうび」といってもいいかもしれません。



「勝ったらゲームを買ってもらえる」
「ゴールを決めたら好きな物ごちそうするよ!」
「無失点だったら賞金がもらえる!」


外側のやる気の良いところは
即効性があるところ。


今までやる気ゼロだった選手が
「勝ったら焼き肉だ!」と伝えただけで
俄然やる気を出すこともあります。


でも外側のやる気の悪いところは
やる気の火が長続きしないところ。



その理由は、
自然じゃないから。


今までやる気ゼロだった選手が
いきなり沸騰するかのごとくやる気を見せる。


これって自然じゃないですよね。



やる気を長続きさせるコツは
内側からこみ上げるやる気をつくること。



「このスポーツが好き!」
「もっとうまくなりたい!!」
「やってる時間がたのしい!」

という気持ちや

「なぜ、僕はこのスポーツをやってるんだろう?」
の答えがそうかもしれません。


内側からこみ上げるやる気は
やる気を長続きさせることができます。


けれど、
火をおこすのが難しい。
けれど一度火がつけば
まわりも温かくすることができます。






知識とは、
心のないエンジンのようなもの。
動かすのはやる気だ。
ーホアキン・ロレンテ(実業家)





バランスを意識しながら
選手のやる気を引き出しましょう。
内側も外側もどっちも大切。


どのようにしてやる気を引き出していますか?


〜藤代圭一
maruhashikouta at 22:04|PermalinkComments(0) 教育 | 指導

子どもは親の鏡



20年以上前の本です。
有名ですね。

今日はこの本を
もう一度、読みたくなりました。

がんばってください。
がんばりましょう、お互いに。
maruhashikouta at 21:29|PermalinkComments(0) 本の紹介 
サッカーゴールVIGO