2019年11月

2019年11月21日

だいがくへいくりゆう

無目的に大学に行くのは意味が無いと言いますが、
政府は、大学無償化しようとしてますし、企業は大卒しか採りません。
この状況をどうお考えですか。


大学は、目的を持って行けば、
それは素晴らしい場所です。
そして、無目的に行ったら、
時間とお金をムダにするだけです。
それは、政府が大学を無償化したとしても、
企業が大卒しか採らなかったとしても、
変わることはありません。
なぜなら、これらは、
関連させて考えるべきではない別問題だからです。

ですから、以下には、僕自身が考える、
政府の方針と、企業の方針について書きます。

大学は、知りたいことを、
もっと深く学ぶために有効な場所です。
でもいまの高校の受験対策はそうなっていません。
そのため、大学では、かなりの時間を
高校で知っているべき知識の再履修に割かれます。
これは、大学にとっても、
ものすごく苦しい問題です。
大学がすべき学問探究のレベルが、
どんどん低下してしまいます。

これは、国力にとってマイナスです。

政府の大学無償化は、
所得が少ない家庭を優遇するものです。
ただこれは、僕の目から見て、
とても不公平なものに見えます。
これでは、親が所得を上げようという
モチベーションにならないです。

僕ならば、
伸びる可能性のある子の学費無償化、にしますね。

また、企業が大卒しか採らない、
というのは、全てではありません。

たしかに、そういう企業もまだあります。
しかし、採用条件から大卒を外している会社は増えています。
本当に重要なのは、学歴ではなく、
能力のはずです。

だのに、能力よりも、
学歴を重視するなんてのは、
採用する側に人を見る目がないんですよ、
と言ってるようなもんです。

従来の「だれでもできる仕事」ばかりだった時代には、
それでもよかったでしょうが、
これからの時代にそれをやったら、
たちどころに競争力を失うでしょう。

ちなみに、企業が大卒を採りたがる理由として、
いまやほとんどの人が大学に行く時代です。
その状況下で、大学に行かない、というのは、
「学びたくない」ととらえてしまう企業が
少なくないです。
それは、企業の「ちがう」を恐れる、昭和の価値感です。
せっかくのいい人材を取りこぼしてる可能性が高いです。

また、有名な企業は、
エントリーが多すぎるので、面接面倒くさいから、
学歴で足切りをしていることが多いです。
それは、採用の費用対効果を考えたら当然です。
でも、親の過干渉の結果、
「親が知ってる会社」しか受けられない子達が増えています。
そうなると、親の知識が乏しいほど、
有名企業にエントリーが集中します。
しかも、そういう有名企業は、
社会全体の雇用の数%でしかありません。
だから、競争はさらに激化します。
これは、親の不勉強が生み出した状況とも言えるでしょう。

学歴信奉は、教育で喰ってる人達の
営業トークにのせられているだけです。
学歴信奉のおかげで、教育ローンで破綻する人や、
大学が高校レベルのことを教えなければいけない問題や、
都市に人が集中する過疎化や、
地方からの莫大な外貨流出が生じます。
教育虐待による心の問題が生じています。

大学に行けば何とかなる。
大学に行かないと大変なことになる。
という強迫観念を生み出すのが、
「みんなが行ってるから、いかないとまずい」
という程度の思い込みだったりします。

生きていくためには、正しい情報に基づく、
正しい判断をしなければいけないのに、
多くの人が、不正確な憶測の情報で判断を誤っています。

かの、山本リンダさんは歌いました。
「うわさを信じちゃいけないよ。」

真実は、自分で確かめることが大事です。
あとは、問題は、
しっかり切り分けて考えることも大事です。
京都の講演会での質問への回答5
maruhashikouta at 22:16|PermalinkComments(0)

近道はない

S__77619213


S__77619214



早よ追いつきたい 思とるやろけど
近道はないねん

あってもな
近道はおすすめせえへん

なるべく時間をかけて歩く方が
チカラがつく

歩くチカラは大変な道の方が
ようつく

ようチカラつけとけ
今しかできひんことやで
〜スカーレット(11月16日放送)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


大会に行って「勝ちたい」と言いますが

相手がいることなので勝てるかどうかは
分かりません。

できるのはチカラをつけることです。

まぁ「早よ追いつきたい」と
思っていなければ
大変な道を歩いて
チカラをつけたいとも思わないでしょうが。

まずは、そこからですね。

ご協力よろしくお願いします。
maruhashikouta at 15:20|PermalinkComments(0) 指導 

2019年11月19日

出し切る

47195C4E-72BD-408F-B82E-E86C6A6CD8F9


練習でも試合でも
出し切りましょう。
maruhashikouta at 05:18|PermalinkComments(0) 指導 

2019年11月18日

雨天中止(11月18日)【1〜6年生】

本日17時から予定していた練習は
これから強い雨が降る予報ですので、
現時点で中止にします。

ご確認よろしくお願いします。
maruhashikouta at 15:36|PermalinkComments(0) 予定 

2019年11月17日

ポンドリカップ(11月17日)【3年生】

S__77463567


12チーム参加
5人制、10分ハーフ
予選リーグ
vs北大阪・福島初級
4−1
【トモシ1、ソラ1、コウダイ1】

vs生野初級B
2−4
【ソラ1、キイト1】

予選2位
2位トーナメント
vsヒーローズ
2−4
【リョウマ1、OG1】

vs勝山
2−3
【ユウスケ1、ソラ1】

12チーム中8位
☆☆☆☆☆☆

試合コメント
ナオヤ

空いてるスペースを
上手く使うことができれば
得点につながっていました。

だからこそボールを持ってるいる人だけでなく、
ボールを持っていない人も大事になってきます。
ボール以外のことも見れるようになれるように
意識して欲しいです。

チャンスを外すと負けるし
球際で負けてしまうと
試合には勝てません。

練習から頑張ってやっていきましょう!

S__77463570


チームMVPはリョウマのキックからの
ヘディングゴラッソのソラ!
「ルイス・スアレスか!」ってゴールでした!



お疲れさまでした!
S__77463569


ボール、ユニフォームは持って来てください!
maruhashikouta at 19:57|PermalinkComments(0) 試合結果 

大阪市サッカー連盟秋リーグ4節

737FC74F-4C52-48FE-BE36-9BE644E880B0

リーグ戦
8人制、20分ハーフ
vs南大江SC
3-1
【須藤2、大田垣1】

TM
8人制、15分1本
vs友渕JSC
0−3
0−1
0−2

vs南大江SC
1−2
【佐竹】

☆☆☆☆☆☆

朝早くからお疲れさまでした。

集合後の移動、
現地到着後の準備、
アップでの動きを見て
前半は良くないだろうな、と思った通りの
試合の入り方でしたね。

相手選手の力強いドリブルに対し
対応に苦しみ、球際も戦えず
切り替えも悪い、準備も悪い。

守りに入ったマインドで
寄せきれずに見事なロングシュートで失点。

失点してからは、少し目が覚めたか
少し良くなりましたが・・・

試合前から試合の準備は始まってます。
みんなの行動はどうだったか
振り返って考えてみましょう。

ハーフタイムでのみんなの会話
余裕がありましたね。
相手チームや自分たちのこと
自分たちで話し合う姿も見れたのは成長ですね。

後半はマイボール時には
選択肢を増やすことができ
うまく前進してチャンスをつくることができました。

切り替えや守備の準備も良くなりましたね。

やればできることを、やらないのは
みんなの良くないところです。


TMでは
自分のできるコト、やりたいコトを
表現できていた子、
なんとなく、試合に臨んでいる子
だいぶ差がありました。

ただ、それは普段の練習と同じです。
普段の練習からやっていきましょう。

来週もTM、大会あります。
与えられたチャンスを活かしてください!

保護者の皆様。
応援、観戦、差し入れありがとうございました。

6E69618B-027D-4F87-BBD3-5FD3D378F389

maruhashikouta at 13:15|PermalinkComments(0) 試合結果 

2019年11月16日

負けたらアカン

S__77447171


負けたらアカン
何かやろおもた時に
お金がないことに
気持ちが負けたらアカン


金土のスカーレットは
良かったです


maruhashikouta at 20:47|PermalinkComments(0)

2019年11月14日

悩みが成長させる

大人が毎回、助けていて
成長できるでしょうか。

「どうすればいいんだろう?」
自分自身でも何をすべきなのか、
どうしたらいいのかわからない状況に置かれたとき、
僕らの脳はフル回転し、成長する機会となります。


経営者の方やスポーツ選手に
「どんなときに、成長を感じましたか?」と
問いかけると、


多くの場合において、
すごくうまくいっていたときの成功の話ではなく、
大変だった時期のお話や、
辛かった体験談、
失敗談が返ってくるのです。



僕らの人生を振り返ってみても、
その当時は、果てしなく辛かった体験も、
「あれがあったからこそ、いまがある」
と思えることがたくさんあります。


そう考えてみると、
子どもたち選手との接し方を
もう一度見直すきっかけになるかもしれません。


成長は
「自分でやらなくてはいけない状況」から
やってきます。


どうしよう…と悩み、
これでうまくなるだろうか…と不安になり、
失敗したらどうしよう…とプレッシャーを感じます。


けれど、
すぐに誰かに答えを教えてもらうのではなく、
自分自身でその答えを見つけようと決め、
行動してみると、成長することができます。




人には燃えることが重要だ。
燃えるためには薪が必要である。
薪は悩みである。
悩みが人を成長させる。
ー 松下幸之助



「履けない!」と靴を履くことを助けを求める少年は
見ているだけでとても可愛いものです。

けれど、毎回助けていては、
彼にとっての成長はないかもしれません。


得点を上げることのできなかった選手に
「あそこはもっとこうしたらよかったのに」
とアドバイスをしたくなります。


もちろん、それは素晴らしいことですが、
毎回、アドバイスを受けていると、
選手としては「コーチが答えを持っている」と
自分で考えることをやめてしまいうかもしれません。


「どんなときに成長を感じただろう?」
「どんな選手になって欲しいだろう?」
「そのために、どんな機会が必要だろう?」

失敗するかもしれません。
成功するかもしれません。
なかなか、行動に移せないかもしれません。


けれど、
僕らがそうであったように、
悩むからこそ、成長があり、
不安になるからこそ、
一歩踏み出した先に新しい自分が待っています。


学習は気づくことからからはじまります。


子どもたち選手に
成長する機会をつくりましょう。


〜悩みが子どもと選手を成長させる
藤代圭一

maruhashikouta at 12:12|PermalinkComments(0) 指導 | 教育

2019年11月13日

一所懸命

S__77348870


一所懸命やりましょう。
そういう選手は応援したくなります。

応援される選手、人間になりましょう。

maruhashikouta at 12:42|PermalinkComments(0) ひとりごと 

2019年11月10日

卒業生試合

S__77029384


今日は9期生マホロの
公式戦を見に行ってきました。

マホロのゴールで勝ち越し!

その後、追いつかれ
PK戦で敗戦。
マホロも外す。
下手なのは知ってた(笑)
S__77029378


結果は残念でしたが
サッカー人生は続きます。

サッカー以外の面でも
成長を感じられる姿を見られたのが
良かったです。

ケガに気を付けて頑張って欲しいです。

また見に行きます。

他にも3名、知ってる子に会えました。

中学生になっても
サッカーを続けて頑張っている姿
見てるだけでうれしいです。

関係者のみなさま、
いつもありがとうございます。
お疲れまでした!
maruhashikouta at 20:05|PermalinkComments(0) OB・OG 
サッカーゴールVIGO