2019年11月

2019年11月30日

アスリーナカップ(11月30日)

S__78143490


4チームリーグ戦
8人制、12分ハーフ
vsアスリーナSC
0−3

vsセンアーノ神戸
0−4

vsリトルFC
0−1

4チーム中4位

TM
6人制、15分1本
vsアスリーナSC
3−1
【高橋1、金田1、縣島1】

vsセンアーノ神戸
1−6
【金田1】

vsリトルFC 
*7分3本
1−1
【俵1】
2−1
【金田1、穂積1】
0−0?
?
3本目、記録なし

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

試合結果は残念でしたが
試合内容は8人制を初めてやった
春の試合と比べて、見違えるようでした。

メンバーがそろっていなかっただけに
今後の試合が楽しみになりました。

得点のチャンスもありましたが
決めきれず、残念。
技術の問題でもありますが・・・
ゴール前に入っていく回数を
もっと増やしたいですね。

守備面では
良い準備から予測して
インターセプトを狙ったり
ボールをはねかえすヘディング
ピンチに早く気付く選手が
試合を重ねるごとに増えていました。

逆に、1対1の対応が悪い選手は
その点を指摘されていましたね。
1対1で簡単に負けるとチームは苦しくなります。
練習からがんばりましょう。

S__78143493


チームMVPは
センターバックで出場のタスク。
ロングボールをヘディングではね返し
足元のパスはインターセプト。
奪ったボールはクリアだけでなく
自分で運び、パスをつなげていました。

お疲れ様でした!
S__78143492


*補食について

練習前後の補食の役割
エネルギーの補給
集中力を高める
疲労回復の促進

補食を上手にとるための注意点
エネルギー源となる炭水化物の多いものをとる
食事で補いきれないビタミン、ミネラルの豊富なものをとる
運動の1〜2時間前、または運動直後にとるのが理想。

量は練習と夕食に支障をきたさない程度に

タイミングと量を考え食べ過ぎには注意!

“補食”という言葉をご存知ですか?
スポーツをする人にとって、
補食は必要不可欠です。
練習の前後などに食べることで、
朝・昼・夕の3食だけでは補いきれない、
1日に必要な栄養素を得ることができます。
練習前に食べれば、脳に栄養を補給し、
集中力を高める効果が狙えます。
練習後であれば、疲労回復を早めることができるので、
必ず食べるようにしましょう。
また、補食はタイミングと量が大事。
小・中学生であれば、運動の1〜2時間前、
または運動直後のどちらかに、
あんパン1個とオレンジジュース1本(200ml)程度の量を食べることで、
その効果を最大限に発揮します。
「食べ過ぎてしまって夕食がとれない」ことのないように、
軽くエネルギーを補給した後は、
家に帰って夕食をとるように心がけましょう!



maruhashikouta at 20:38|PermalinkComments(0) 試合結果 

キッズフリークラス(11月30日)

S__78143496


本日のキッズフリークラス

たくさんの参加ありがとうございました!
S__11411458


S__11411461


S__11411460


S__78143498


朝晩は急に寒くなってきましたが
子ども達は汗をかいて
がんばって走り回っていましたね〜
S__78143497


S__78143494


次回は12月14日(土)
9:30〜10:30
五条運動場です。

たくさんの参加お待ちしております!
maruhashikouta at 19:37|PermalinkComments(0) キッズフリークラス | 幼稚園

2019年11月29日

助けを求める力



 
講演会の際、僕は子どもたちに、
あえて冷たくこう伝えています。
「ちゃんと助けをもとめる力を
身に着けようね。
これからは、声を上げないと
助からない世の中になるよ」と。
 これからは、力が強い人間や
声の大きな人間の意見が
通用するような社会ではなくなっていきます。
 その社会で大人になる時に必要なのは、
自分が侵害されている権利や
自分が主張したい権利などを、
証拠と一緒に理路整然と説明できる力を持つ
ということだと思います。
「子ども六法」〜山崎聡一郎


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

サッカーはミスのスポーツです。
何と言っても、
「足」でするスポーツ
「フットボール」ですから。

ミスをすることは避けられません。
だからこそ、それに備える、
ミスした時に助ける、助けてもらう。

もちろん、ミスを減らす訓練も必要ですが
ミスが起こりそうにもない時でも
ミスが起こりそうな時も
ミスが起こった時にはもちろん、
どう行動するか、ということも
訓練して習慣にして、
できるようにしないといけません。

助けるのもチカラ
助けて“もらう”のもチカラです。

ボール扱いのうまさや
カラダの強さだけが
選手のチカラではありません。

自分の「チカラ」をつけていきましょう。

maruhashikouta at 12:47|PermalinkComments(0) 本の紹介 | 指導

2019年11月24日

HSCチャレンジカップ(11月24日)

S__77799430


12チーム参加
8人制、15分ハーフ

予選リーグ
vsスポーツネットSC
0−0

S__77799428


vs柏原
0−1

予選3位

3位トーナメント
vs八尾東
0−1

vs大阪市SS2001
0−0
(PK2−3負け)

12チーム中12位

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

全試合、引き分けか1点差でした。

良いプレイもたくさんありました。
第1試合の後半はベストゲームでした。
チームメイト同士の会話や
カバーリング、サポートが良かったです。

ただ、
チャンスを逃し続けると試合には勝てませんね。
逆に唯一のピンチに決められて
負けた試合もありました。

責任感のないプレイ
戦えない弱い気持ち。

サッカーの技術やゲーム理解で優っても
それ以外の面で負けていました。

外から言われてやるのでは×です。
自分の目と耳を使って
自分の頭で考えて
普段の生活から、行動していきましょう。
普段の練習から、やっていきましょう。

週末にリベンジのチャンスがあります。
みんなが勝ち取ったチャンスです。
選ばれた選手はがんばってください。

maruhashikouta at 23:56|PermalinkComments(0) 試合結果 

キッズフェスティバル(11月23日)

1264


42チーム参加
6人制、10分1本
予選リーグ(6チーム)
vsトイスペック
0−1

vsセントラル
1−5
【ケンシン1】

vs夢・わくわくキッズ
2−0
【ミキト・ソウタ2】

vsTSK粟生
0−2

vsアクバス
0−1
予選5位
予選敗退

1263


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
とても良い天気の中、
素晴らしい環境でサッカーできましたね!

8946



だからこそ、もう少し
サッカーしたかったですね!

あと少し
チャンスにゴールを決められたら・・・

練習していきましょう!


結果は予選リーグ6チーム中5位
3位までならトーナメントに出られましたが…

最後の2試合は
決めきれなかったですね

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

みんな楽しかったですか?

みんなは誰のために
サッカーをしていますか?

キーパーをしたら
お母さんにおこられるから、やらない?

失敗したらおこられる?

点をとらないといけない?

「お母さんやお父さんに誉めてもらいたい!」

子どもはみんなそう思います。
子どもはみんな
お母さん、お父さんが大好きなんですから!(´∀`*)

だからこそ
子どもにかける言葉を
もう一度、改めて
考えてもらえたらと、思います。

子どもたちにとって
サッカーが

「しないといけない」
ではなく

楽しいから、心の底から

「やりたい!」

という
気持ちになれるように・・・

私たちも
がんばります。
気をつけます。
考えます。
学びます。
反省します。
挑戦します。


ご協力よろしくお願いします😌

8950


8949


8948




maruhashikouta at 23:33|PermalinkComments(0) 試合結果 

2019年11月23日

練習試合(11月23日)

S__77766696


8人制、12分1本
vsアイリスFC住吉SS4〜6年生
0−0
0−0
0−1
6−0
【山来3、高橋1、??】
0−0
0−0

紅白戦
NチームvsRチーム
2−0
【金家1、大田垣1】

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
午前の試合も参加の選手
お疲れさまでした。

前日の練習後も言いましたが
いつもと違うメンバー構成で
違う環境で行動が変わることを
期待していました。

苦手な部分だと思いますが
ほんの少し、ゲーム中でも
その前後の行動でも
変化、成長が見れたことが収穫でした。
助かりました。本当に。

サッカー面では
相手を上回る切り替え、準備の早さ
1対1での対応で
試合を優位に進められました。

もっと自分ができていないことにも
目を背けずに取り組んでほしいです



maruhashikouta at 20:56|PermalinkComments(0) 試合結果 

練習試合(11月23日)【2〜5年生】

S__77766693


8人制、12分1本
vs正覚寺FC3年生
1−1
【コウダイ1】
0−3
0−1
0−4
1−1
【リク1】
0−3
0−3
2−0
【シュンスケ2】
0−4
1−1
【コウダイ1】


vs正覚寺FC4年生
0−0
0−0
0−1
0−1
0−2
1−1
【金田1】
0−2
0−0
0−3
3−0
【佐竹1、瀬津2】

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
3年生、4年生の試合に
2〜5年生で参加させていただきました。

5年生は3名のみでしたが
1対1での守備対応が良く
ボールを持った時にも良いチャレンジが
たくさんありました。

取り組んでいるターンの前後に
「観る」コトと
キックの質があがれば
もっとチームに貢献できますね。


4年生は
「協力する」ということ。

言いたいことを言うのは構いませんが
“言い方”は大事です。
“ひとりで何でも”は難しいです。
協力しましょう。

ユニフォームになんて書いてあるか
教えましたが、
忘れていたら、分からなければ、
大人にもう一度、聞いてみてください。

本当に大事に思っていることです。


3年生。
状況をよく観たプレイがたくさんありましたね。
その分、
遠慮してる・・・かな?という場面もありました。
賢くプレイするのは素晴らしいですが
もっと自分を表現しましょう。
表現できるようにチカラをつけましょう。


2年生。
3年生相手にも積極的なプレイが
たくさんありましたね。
久しぶりに参加のユウセイ、ルシン
2回目の参加のソウタをはじめ、全員
慣れない広いピッチでも走り回っていましたね!
ピンチとチャンスを感じて動き出す早さは
相手を上回ってましたよ。

練習で取り組んでいる
ターンは、あまり使えていなかったので
もっとトライしてみて欲しいです!

最後の試合は3年生のみで。
気合の入った作戦会議↓
S__77766692


残念ながら引き分け。
お疲れさまでした!
maruhashikouta at 20:17|PermalinkComments(0) 試合結果 

2019年11月21日

だいがくへいくりゆう

無目的に大学に行くのは意味が無いと言いますが、
政府は、大学無償化しようとしてますし、企業は大卒しか採りません。
この状況をどうお考えですか。


大学は、目的を持って行けば、
それは素晴らしい場所です。
そして、無目的に行ったら、
時間とお金をムダにするだけです。
それは、政府が大学を無償化したとしても、
企業が大卒しか採らなかったとしても、
変わることはありません。
なぜなら、これらは、
関連させて考えるべきではない別問題だからです。

ですから、以下には、僕自身が考える、
政府の方針と、企業の方針について書きます。

大学は、知りたいことを、
もっと深く学ぶために有効な場所です。
でもいまの高校の受験対策はそうなっていません。
そのため、大学では、かなりの時間を
高校で知っているべき知識の再履修に割かれます。
これは、大学にとっても、
ものすごく苦しい問題です。
大学がすべき学問探究のレベルが、
どんどん低下してしまいます。

これは、国力にとってマイナスです。

政府の大学無償化は、
所得が少ない家庭を優遇するものです。
ただこれは、僕の目から見て、
とても不公平なものに見えます。
これでは、親が所得を上げようという
モチベーションにならないです。

僕ならば、
伸びる可能性のある子の学費無償化、にしますね。

また、企業が大卒しか採らない、
というのは、全てではありません。

たしかに、そういう企業もまだあります。
しかし、採用条件から大卒を外している会社は増えています。
本当に重要なのは、学歴ではなく、
能力のはずです。

だのに、能力よりも、
学歴を重視するなんてのは、
採用する側に人を見る目がないんですよ、
と言ってるようなもんです。

従来の「だれでもできる仕事」ばかりだった時代には、
それでもよかったでしょうが、
これからの時代にそれをやったら、
たちどころに競争力を失うでしょう。

ちなみに、企業が大卒を採りたがる理由として、
いまやほとんどの人が大学に行く時代です。
その状況下で、大学に行かない、というのは、
「学びたくない」ととらえてしまう企業が
少なくないです。
それは、企業の「ちがう」を恐れる、昭和の価値感です。
せっかくのいい人材を取りこぼしてる可能性が高いです。

また、有名な企業は、
エントリーが多すぎるので、面接面倒くさいから、
学歴で足切りをしていることが多いです。
それは、採用の費用対効果を考えたら当然です。
でも、親の過干渉の結果、
「親が知ってる会社」しか受けられない子達が増えています。
そうなると、親の知識が乏しいほど、
有名企業にエントリーが集中します。
しかも、そういう有名企業は、
社会全体の雇用の数%でしかありません。
だから、競争はさらに激化します。
これは、親の不勉強が生み出した状況とも言えるでしょう。

学歴信奉は、教育で喰ってる人達の
営業トークにのせられているだけです。
学歴信奉のおかげで、教育ローンで破綻する人や、
大学が高校レベルのことを教えなければいけない問題や、
都市に人が集中する過疎化や、
地方からの莫大な外貨流出が生じます。
教育虐待による心の問題が生じています。

大学に行けば何とかなる。
大学に行かないと大変なことになる。
という強迫観念を生み出すのが、
「みんなが行ってるから、いかないとまずい」
という程度の思い込みだったりします。

生きていくためには、正しい情報に基づく、
正しい判断をしなければいけないのに、
多くの人が、不正確な憶測の情報で判断を誤っています。

かの、山本リンダさんは歌いました。
「うわさを信じちゃいけないよ。」

真実は、自分で確かめることが大事です。
あとは、問題は、
しっかり切り分けて考えることも大事です。
京都の講演会での質問への回答5
maruhashikouta at 22:16|PermalinkComments(0)

近道はない

S__77619213


S__77619214



早よ追いつきたい 思とるやろけど
近道はないねん

あってもな
近道はおすすめせえへん

なるべく時間をかけて歩く方が
チカラがつく

歩くチカラは大変な道の方が
ようつく

ようチカラつけとけ
今しかできひんことやで
〜スカーレット(11月16日放送)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


大会に行って「勝ちたい」と言いますが

相手がいることなので勝てるかどうかは
分かりません。

できるのはチカラをつけることです。

まぁ「早よ追いつきたい」と
思っていなければ
大変な道を歩いて
チカラをつけたいとも思わないでしょうが。

まずは、そこからですね。

ご協力よろしくお願いします。
maruhashikouta at 15:20|PermalinkComments(0) 指導 

2019年11月19日

出し切る

47195C4E-72BD-408F-B82E-E86C6A6CD8F9


練習でも試合でも
出し切りましょう。
maruhashikouta at 05:18|PermalinkComments(0) 指導 
サッカーゴールVIGO