2009年04月

2009年04月28日

試合報告(4月26日)

0−2 負け(九条南6年)
4−0 勝ち(南港SC)
0−1 負け(九条南5年)

1試合目、前半ゴール前のミスで2点取られてしまいました。
なかなか相手ゴール近くまでボールを運べませんでした。

2試合目、1対1で有利になると、こんな試合ができるんですね〜。
ただ、それが、逆効果になっている場面もありました。

3試合目、内容は一方的に押されていましたが、最後まで「楽しい試合」でした。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
試合前、サッカーの本質、ドリブルの種類、そして

「楽しい」≠「ラク」という話をしました。
ラクしたかったら、家でテレビ見とけ!って(笑)

サッカーの本質、ドリブルの種類については、
これからの練習で頑張りたいと思います。

3試合目に出た子、見ていた子は、「楽しい」≠「ラク」という意味を
実感してもらえたと思います。
正直、キーパーの活躍もありましたが、
ラクしてたら、10点くらい取られても、仕方無かったかな〜という試合でした。

ラクをして、何点も取られてたら、楽しかったかな?
どうにかして、1点取ろうと皆で頑張れたから、
楽しいと感じることができたのではないでしょうか。

絶対に最後まで頑張ってもらおうと思い、
珍しく(←応援のお母さん曰く)声をかけました。あれ、わざとです。
やったら、できるってこと、感じて欲しかったからです。
だんだん、言わなくてもできるようになってくると思います。

やっぱ、試合はいいですね〜。勝とうが負けようが。
いや、良い試合して、勝ちたいですけどね〜(☆゚∀゚)
maruhashikouta at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 試合結果 

2009年04月24日

おすすめサイト

「湯浅健二のサッカーホームページ」
http://www.yuasakenji-soccer.com/

サッカーそのものに興味がある方に、お勧めです。

専門的・抽象的で分かりにくいかもしれないですが…
僕も、サッカーの観戦(分析)・指導の参考にしています。

この「湯浅健二」という方、
日本では珍しい(他に知らないだけか…)

サッカーライターなのに、プロコーチ。
つまり、指導者が、試合の批評や
同業者である、監督に取材しているのです。
わぁ〜やりにくそう…。でも、楽しそう(☆゚∀゚)

実際、本人、楽しそうです( ̄ー ̄)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
明確な論理をベースにアプローチすれば、技術や戦術能力は確実に向上する。
しかし、ただそれだけがチーム力の源泉ではない。
闘う意思や創造性という、論理では説明がつきにくい、
精神・心理的、感覚・感性的な部分もチーム力のエッセンス。

それを伸ばすためには、選手たちの日常的な環境がひじょうに重要。
サッカー・コーチは、技術、戦術という部分だけではなく、
精神・心理的、感覚・感性的な部分をも同時に伸ばすことができるような
環境も整備しなければならないのである。

それは、サッカーが本質的に「自由にならざるを得ないスポーツ」だから。

高い技術や戦術的能力だけではなく、
瞬間の自由な発想をベースにした創造性、
極限状態での闘う意志、
どんなきびしい状況でも、自分自身で積極的にヤル気を喚起できるような
「セルフ・モテベーション能力」や
「リーダーシップ」の(そのベースである強固な意思や強烈なパーソナリティー)を
養成する環境が必要。

だそうです。
そうなんです。それが難しいんですよね〜( -д-)ノ
maruhashikouta at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー | 指導

2009年04月23日

中学生になっても

前の日曜日、サッカーを2試合見ました。

1試合はテレビで。
ロンドンで、FAカップ準決勝、チェルシー対アーセナル。
観客8万人。

もう1試合は、生観戦。
天王寺区で、中学生。
観客20人くらい?

レベルは比べるまでもないのですが、どちらも興奮できました。色んな意味で。

これだから、サッカー観戦って楽しいよな〜と思いました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
FAカップは置いといて…

中学生の試合は…
チームの7人が小学生の頃、一緒にサッカーしていたメンバー。
他にも一緒にサッカーしたことある子が…5人くらいかな?
近所の中学校なので、練習もたまに覗いています。

完全に、片方のチームを応援していたので、
少し、サポーターの気持ちが、分かった気がしました。

子ども達、
成長してる所、変わらない所、色々な発見があって楽しかったです。

ただ…指導しているわけでもないので、
外から声かけるのを遠慮して、ストレスたまってしまいました。

最後の最後でつい叫んでしましました…
失礼しました(´−д−;`)

結果は、引き分け→PK戦で勝ち。
ハラハラして、楽しい面もありましたが、
「もっとできるやろ!」と感じて、悔しいような、複雑な気分でした。

ん〜頑張れ!
maruhashikouta at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月22日

卒業祝い(遅っ!)

好きな季節は夏です。
海好きやし、寒がりなんで。服いっぱい着るのがめんどくさいのです。
冬は、お洒落できる!という声が聞こえてきそうですが、
お洒落サンでもないので( -д-)ノ

嫌いな季節は…特にないのですが
嫌いな月は…

3月に決定しました。最近。
しばらく憂鬱でした。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

お別れ会という名目は、「卒業祝い」に変えてもらいました。
別に、お別れするつもりはないので(☆゚∀゚)一方的な思いですが。

みんなで外食!これだけで子ども達はテンション上がりますね〜
個室で良かった(´∀`)

卒業祝い


寄せ書きを手渡し。
一番手で恥ずかしがってます。
成長を楽しみにしてますが…どうでしょうか〜?
力不足で、改善足りず…まだまだ指導したかったですが(´Д`)


表情硬い(´∀`*)プレゼント、ありがとう!
色んな事に挑戦していって欲しいです。逃げんなよ〜!


いつの間にか、カラダ大きくなってました。
これからも、マイペースでも前向きに!


短い間やったけど、また一緒にサッカーできて嬉しかったです。
驚くほど、あっと言う間に、皆と仲良くなってました。
また、一緒にできると良いね〜。


僕に気遣って小さくなってます(′∀`)
できるだけ、練習来てな〜!
早く、僕らに勝てるように。


いつもと表情違います。
皆でやんちゃしてても、いつも僕の視線に気付く子でした。
君とは、まず、お別れとか、アリエナイ( ̄ー ̄)


目標を高く持ってください。
お山の大将の時代は終わったのだ!
期待してますよ!



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
最後の挨拶ではちょこっと泣きそうでした。
お別れするつもりもないですが、
力不足でまだまだ改善できてないこと、求めたいこと、たくさんあったので、
悔しいというか、寂しいというか…。

「プライマリーカラー」という名前の由来の話をしました。

「プライマリーカラー」=「原色」
「みんな違って、みんな良い」


どんな色に染まるのか。

周りに流されず、環境に甘えず、
それぞれが自分で高い目標を持って
「自分色」を作っていって欲しい…というようなことを言いました。

かつての子ども達とも、
中学生になっても、一緒に遊んだり、サッカーの試合見に行ったりしてます。

これからも、みんなの成長・活躍を楽しみにしています。
たまには、練習来てな〜!(´∀`*)
maruhashikouta at 07:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント 

2009年04月17日

論理トレーニング

「人間は考える葦である」

とは、パスカルというフランス人の言葉です。

人間は葦のように弱い小さな存在にすぎないが、
考えることによって宇宙を超える。ということらしいです。

ダジャレ的ですが…

「サッカーは考える足である」(´∀`)

頭で始まって、足で終わる。
決して、足で始まるのではない。

考えるためには、考える材料・考えるための方法を知る必要が…。

そんなわけで、久しぶりの宿題!
今日の練習後から渡しています。

子ども達(4年生以上)には練習後


「やりたくなかったら、やらんでええ。捨ててもええよ」って言いました。

「丸サンは学校の先生みたいに、誰がやったかチェックしてない
 何となくは、分かるけど〜( ̄ー ̄)」
「サッカーでも、これがこうやから→こうするって考えるのって大事やん?」
「自分が得したかったらやり〜」って言いました。

さてさて、どうでしょ〜。
maruhashikouta at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 教育 | 指導

2009年04月05日

連盟開会式




行ってきました。

試合観戦は、終番のセレッソの攻撃に子ども達も大興奮( ´∀`)つ
引き分けに終わり、自分のことのように悔しがっている子もいました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

低学年は、仕方ないと、いつも思うのですが…
今日は前半から試合を見ていない子を、横に呼んで話をしました。

「足の速さであの子に勝てる?
リフティングあの子よりできる?
からだ、あの子より強い?
全部負けてて、何で勝負すんの?それでええん?

サッカーが上手いって、何やろ?
リフティングできることじゃないと、思うねん。
サッカーを知らないと、アカンのちゃう?」

淡々と、ですが、はっきり言いました。

サッカーを始めたばかりの子や、1・2年生には
こういうコトは言わないです。

本人だって「言われなくたって、分かってるし」って思ってる?

でも、何かで勝負する気持ち
   何かに挑戦する気持ち がないと、何事もアカンと思います。

厳しいですかね?

その「何か」を自分で見つけて欲しいのです。

自主性が大切。
自主性を刺激する方法、日々考えますが、
子ども達ひとり一人で、最適な方法、どうしたら良いか…悩みますね〜

もしかしたら、今日の言葉は逆効果かも?
もっと褒めるコトも必要だし…
ん〜ん〜
考え続けますm(_ _)m
maruhashikouta at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

雨なのに

昨日は、雨がやむ予報だったので、練習しましたが、
見込み甘かったです( -д-)ノ

最後までやろうと思ってましたが、
ちびっ子が電池切れ…
動けている間は雨でも大丈夫なのですが、
動けなくなると、急に寒く感じますね。

着替えを持ってこないと、自分が寒いです。
それで、失敗して、学んでくれたら良いですが、
風邪ひかすのも嫌なので…

自分で用意できるようにしましょう。Y君!
下も持っておいでや〜T君、Rちゃん(*゚∀゚)っ

練習後、市連盟の会議がありまして、
市連盟の初戦は4月26日(日)になりそうです。
今年は、5年生の試合も申し込んだので、
6年生は春・秋のリーグ戦、5年生のリーグ戦、4年生のリーグ戦があります。
6年以下・4年以下は6チームのリーグ戦、5年生は4チームのリーグ戦予定です。

主会場は南港の方になりそうです。


maruhashikouta at 08:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月01日

お勧めTV番組

火曜の夜のお勧めTV番組と言えば…

NHKの「プロフェッショナル〜仕事の流儀」
http://www.nhk.or.jp/professional/

火曜の22時からやってます。
脳科学者の、茂木健一郎が司会者。

途中から見たのですが、昨日のテーマが…

「プロに学べ!脳活用スペシャル これが育ての極意だ!」
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090331/index.html

内容は番組HPから見てもらった方が分かりやすいですが…


あえて教えない
人に教えられた場合よりも、自分で答えを見つけたときの方が、
喜びや快感を生み出すドーパミンという物質が
より多く脳内に放出されると考えられている。
「相手の自発性を尊重することが、相手の脳の可能性を一番活かすことになり、結果として、最大の効果を引き出すのです」(モギさん)

ひたすら待つ ただし、観察しながら
自発性は、いつ出るかわからない。だから、粘り強く待ち続けることが基本。
ただし、待つだけでなく、相手の様子をよく観察することが大切。
微妙な変化(わずかな疑問や興味など)
“自発性の芽”は、良く観察しないと見えてこない。

芽を見つけたら、その時、本気でアクション
「知りたい」という欲求が高まると、脳はその答えを受け入れようと準備する。
このとき教える側が本気の行動をとれば、答えはより強く記憶に刻まれる。

自発性の回路を育め
脳には“自発性の回路”があらかじめ備わっている。
自発性の回路は、何で育んでも良い。
一番いけないのは「あれをやりなさい、これをやりなさい」と強制すること。
これでは、自発性の回路を育む機会が失われてしまう。
(;´Д`)

「安全基地になる」
挑戦する心を育むためのキーワード「安全基地」
,笋蠅燭い海箸鬚笋蕕擦
応援団に徹する
7臈世蘯け入れる
ずい辰浸こそ、手助けする

そばで見守っている存在=安全基地があるからこそ、
人は安心して新しいことに挑戦できるようになる

後悔のススメ
「後悔」することは、自分を育て、成長させる効果がある。
後悔している時に活動するのは
脳の中でも、環境の変化に対応する“適応力”を司る部位。
つまり後悔するということは、環境の変化に対応し、
自らを成長させることだと考えらる。

「後悔している時は、
現実に自分がとった行動と、
こうすればうまくいったのにという想像との比較が、
同時に行われているんです。
自分の選択に反映される価値観や世界観を反省し、
考え方を変えるきっかけになるわけです。
つまり後悔は、未来を変えるためにやっているんです」(モギさん)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
安全基地になる(なりきる)のって難しいですよね〜
,鉢が特に難しいような…
ついダメ出ししちゃってます(((( ;゚д゚)))

「後悔」ってネガティブな感じでダメだと思ってましたが…
自分の選択に反映された価値観や世界観を考え直す
良い機会であると考えれば、「後悔」もポジティブ(前向き)なんですね〜。

後悔しても、凹まず、前向いて頑張りましょ〜
「ピンチはチャンス」ですよね(☆゚∀゚)





maruhashikouta at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サッカーゴールVIGO