2008年08月

2008年08月30日

8月30日試合報告(大阪市連盟6年生)

45c9d0c4.JPG雨で中止かと覚悟していましたが、なんとか1試合できました。

結果:0−1(住ノ江キッズ)

11人制の大会でしたが、参加者は8名…。
試合前に不安げな子どもたちに
「強い人は、嘆かない」 と言いました。

本当に強い人は、人数が少ないとか、雨が降っているとか、
もう、どうしようもないことに関して、嘆かない。
ポジティブに、できることを考えて、やろう。という感じのことを伝えました。

リーグ戦の順位も決定していたからか、相手チームの方も前半は5年生チーム(11人)で臨んでくれました。

人数が足りない状況で、どうしたら守れるか、よく考えてプレイできていました。
残念ながら、キーパーへの横パスを奪われ、失点してしまいました。
雨の日は水たまりでボールが止まるんですね〜( ´∀`)つ

正確に言うと、ボールが止まったわけでなく、
そこにしか、パスを出すことができなかった(選択肢がなかった)
→それを作らなかったチームメイトにも責任がある。ということを言いましたが。

どちらも良い経験になったと思います。

後半は8人同士で相手チームも6年生に。
練習でやってきた、ボールのもらい方が試合中に何度もできていました。
違うテーマでの練習に移っても良いかなーと思えました(☆゚∀゚)

明日の試合では、4年生以上はいつもと違うポジションにチャレンジしてもらおうと思います。

お天気良くなると良いのですが、また天気予報変わってますねー( -д-)
maruhashikouta at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 試合結果 

2008年08月13日

オリンピックだけがサッカーじゃない!

久々の更新です。
毎日暑いですがみんな元気かな〜?

世間はお盆休みとオリンピックですねー。
僕は帰省もせず、大阪で毎日サッカーに接してます(^∀^)

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

日曜日、長居で試合観戦しました。
<大阪招待国際ユース大会>
確か、そんな名前の大会です。

バレンシア(U-16)VSパルメイラス(U-16)。
大阪府選抜(U-16)VSセレッソユース(U-18)←前半だけ。

なぜかセレッソだけ18歳以下で大会参加。
16歳以下は福島のJビレッジで大会が重なったからだと思いますが…。

当然のように2日前から始まっていた大会は、
セレッソの2連勝でほぼ優勝確定…。
しかも、大阪府選抜との試合は、何となく練習試合を見ているようで前半で帰宅してしまいました。

1試合目のバレンシアとパルメイラスの試合は楽しかったです。
何より、在日ブラジル人のサポーターがノリノリで…

海外の選手達は高校1年生とは思えない体つきと
勝負にこだわる様子に、海外のプロクラブの厳しさを、垣間見た気がしました。

○●○●○●○●○
昨日(12日)は中学生の試合を見に行きました。
かつて一緒にサッカーしていた子どもたちが、
偶然ですが、4チームで10人もいてました(´∀`)
変わったところ、変わらないところが色々と見れて良かったです。

「小学生のサッカー指導の目標は何か」
そのひとつは、

「子どもたちをサッカー好きにさせること」だと思っています。

どんな環境であっても、その中でサッカーを続けていてくれることは
何より嬉しいことです。

その環境を整えるのは大人(社会?)の仕事、義務だと思いますが…

「強い者ほど、自分の運命を嘆かない」
この言葉を中学生達には言っています。

サッカーにおいては、自ら考え、判断することが大切です。
それと同じように
「誰々がこうしてくれなかったから…」とか、
「天気が悪かったから…」とか、
他人のせいにしたり、何か他の物のせいにしたりするのではなく、
自分で責任を持って判断し、
自分で決めたことは、自分の責任でやるのだ!という意識が大切だと思います。

あ〜長くなったので、前回の続きの件は、また次回に…
maruhashikouta at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月05日

試合報告(8月3日)

更新遅くなりました。(´Д`)

暑い中、たくさんの応援&差し入れ、ありがとうございました。

午前中は、1〜3年生(一人4年生キーパーでお手伝い)の試合(8人制)と
予定変更で、阿倍野JFCさんと6年生の試合(こちらは4〜6年。15分×3本)を行いました。

1〜3年生は、ピッチ(プレイする場所。バレーボールで言うとコート?)が広く
空いている所に上手にボールを運べている場面が多かったと思います。

ただ、相手選手が取りに来た時に、相手選手やチームメイトの動きをしっかり観ている場面が、まだ少なかったと思います。

ボールを動かすことにストレスを感じないようになれば、色んなものを観ながらプレイできるようになると思います。

色んなものとは、何でしょう。ボール、チームメイト、相手選手、空いている場所(スペースと言います)、ゴール等など…

色々なボールの動かし方にチャレンジして、自由にボールを動かせるようになっていきましょう(^∀^)

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

午後からは4年生以上の試合(15分×7本)行いました。

結果は…勝ったり負けたりです(´∀`)記録していませんでした。
勝ち負けよりも大事なことがあると思いますので。

試合前に、「言われて動くのは3流」と言う話を、子どもたちは聞いていました。

「サッカーは意志のスポーツ」と言われます。
手に比べて自由の利かない足で行うスポーツだから、よりいっそう主体的な意思(自分の考え、思い、望み、狙い)を持つことが大切なのです。

その通りだな〜と試合を見てて思いました。全員が責任を持って、自分の考えを持ってプレイしないといけないのです。少なくとも、やろうとする選手と、あまり考えていなさそうな選手がいたように感じました。

もちろん、これは指導力不足だと思ってますが…( ̄▽ ̄;)
練習でやったことしか、試合に現れないですからね…。

抽象的ですいません。

解散時に、指導者が選手育成に関わる際に求められていることが書かれたプリントを見せて、話をしました。低学年には意味が分からなかったかも知れませんが…

ゲーム中(オン・ザ・ピッチ on the pitch)と、普段の生活(オフ・ザ・ピッチ off the pitch)は無関係ではない!どちらも大切なんだよ〜!と言う話でした。

詳しくは、次回…
maruhashikouta at 16:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 試合結果 

2008年08月02日

8月2日試合報告(U-10)

47c57841.JPG今日も暑い中、応援&お手伝い、ありがとうございました。

。供檻(長原)  勝ち
■機檻(高倉B) 勝ち

●ボールを奪いに行き、奪いきること、守備(マーク)の基本的なルール

●ボールを持った場所(エリア)で、考えてプレイすること、全員が「かかわる」こと

こんなことを声掛けしました。

相手チームの強さにかかわらず、
練習でやっていることに、みんなでチャレンジするのが試合だと考えています。

目標を持って、練習や試合に参加しましょう。

今日の試合で、できたことが、明日の試合でもできるでしょうか?

できなかったことは、明日の試合やこれからの練習で
どうやったら、できるようになるか、考えられたら良いですね。

低学年には難しいですが、考えることは、とても大事だと思います。

以前、オシムさんがジェフ千葉で監督をしてる時に、
「どうやったら千葉が強くなるか?」と聞かれた時…

「走れて頭も使える小学生を全国から集めてください」と言ったそうです。

考えていないと、自分の意見も言えないと思います。

自分の意見を言える子どもをつくる。

これが、やりたくて僕はチームをつくったのかもしれません。
指導者の言いなりで、顔色うかがう子どもは、
サッカーをプレイしてるとは、言えないと思います。

明日もがんばろー( ´∀`)つ



maruhashikouta at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 試合結果 
サッカーゴールVIGO