2018年11月17日

「がっかり」からの逆襲

うちのモットーは
「野球選手を育てるのではなく、
野球ができる立派な人間を育てる」です。
考えてみたら、
プロ野球は86勝44敗くらいで優勝できますが、
高校野球はただの1敗も許されない。
ある意味で
プロよりも厳しい戦いを強いられています。
しかしその中にあって
勝利だけに重点を置いたら、
高校スポーツではなくなってしまいます。

例えば
菊池雄星はいま150舛竜紊鯏蠅欧泙垢、
プロ野球はどんなに長く続けられても
40歳半ばまでです。
一方で医学の発達で平均寿命は延びていますから、
野球人生の後の40、50年は
どうするのと。

若い頃は野球選手としては
素晴らしかったけれども、
その後の人生がどうしようもなかったとなったら、
全然人生の勝利者ではないですよね。

人生全体を考えた時、
我々の目指すべき境地が見えてくると思います。


花巻東高校硬式野球部監督
佐々木洋
〜『致知』2010年3月号

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

「野球」を「サッカー」に置き換えても同じです。

久しぶりに
心が震える光景をみました。

心を震わせた感情は
「怒り」「驚き」「恥ずかしさ」でしょうか。

サッカーの時だけ、
「言われるからやっている」だけでした。

「言われてやる」のでは
ダメだとは伝えてやらせていましたが
やっているのも「ポーズ」でした。

やってきた結果がこれか、と。
自分は何のためにやっているのかと
存在価値すらないなと、思いました。

自分の無力さを知りました。

また、現状把握ができていないことを
恥ずかしい、また悔しいと思いました。


ただ、ポジティブな点があるとすれば・・・
沸々と「やる気」が沸き上がっております。

悔しさ・怒りの感情は
エネルギーになるのかもしれません。

まぁ、怒ったところで、変わりませんので
やり方を考えて「逆襲」しようと思います。

「ひとりごと」ですが
引用の部分はサッカーでも同じですので。

あきらめず、がんばります。
みんなで一緒にがんばりましょう。
残念ながら、みんなの問題です(笑)

maruhashikouta at 21:52│Comments(0)ひとりごと 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サッカーゴールVIGO
Recent Comments