2015年12月18日

育児は育自

■「一流選手を育てる親の共通項」
 
 杉山芙沙子
 (一般社団法人次世代SMILE協会代表理事)

育児というのは、
「子供を育てる」と言われますが、
私は「子供と育つ」のが
育児だと思っていたので、
いつも精いっぱい、
無我夢中で育児生活をしてきました。

子供の成長とともに、
親が子供の将来のために
上手に路線を敷くというのは
本当に大変な作業です。
 
それは私も実感してきたことですが、
一方で
子供に向かって「勉強しろ」と言いながら、
自分は勉強していない親が
多いのではないかというのも感じてきました。
 
自分がお煎餅をかじりながら
テレビを見ている時に、
「勉強しなさい」
「本を読みなさい」といくら言ったところで、
子供はまず言うことを聞きません。

こう言えば皆さん分かりやすいと思うのですが、
現実はもっと
対極的なことが行われていることに
気づいてほしいのです。
なぜなら、
子供たちに対しては
「勉強しなさい。いい人生を歩むためには
勉強は絶対に必要です」と言いながら、
親自身は
学ぶことを
完全にやめてしまっているからです。
 
家庭において、
親は子供にとってのリーダーです。
その親がどういうタイプのリーダーかは
人それぞれですが、
リーダーシップをきちんととれるか否かで、
子供たちがどう成長していくかが
決まると言ってもよいでしょう。

以下略 致知2016.01号

maruhashikouta at 14:40│Comments(0)TrackBack(0)教育 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サッカーゴールVIGO
Recent Comments