2015年12月03日

一番の教育者

images2Z92JYOD


言葉の積み重ねが人をつくる
1番影響を受けたと思うのは、父親の言葉です。

気付くのに10年掛かりました(笑)

練習の送り迎えをしてくれる車の中で、
よくこんな言葉を掛けてくれてました。

「今は体が小さいから
体力の差で試合に出れないけど、
背が伸びて筋力がついてくれば大丈夫。」

「こうゆう時に頑張れるかどうか。
見ている人は見てるし、
必ず自分に返ってくるから頑張れ。」

その時は、僕の涙を余計に誘うだけだったのですが(笑)

そうゆう言葉の積み重ねに
無意識に感化されて、
どうにか前向きに、
好きなサッカーを好きでいられたのかなと。



前向きな言葉
もし親父が、
”コーチに見る目がない”とか、
周りの何かが原因だというような励まし方をしてたら、
僕は人のせいにしてふてくされてたかも。

かと言って
僕自身の能力や可能性を否定されても、
きっと自信を失ってしまった。

あくまで想像ですが、そう思います。


コーチや先生、仲間たちの存在は
僕にとってすごく大きな存在だったし、
今もそうですが、

やっぱり1番の教育者は親なんだなって、
そんな当たり前のことを今感じてます。


だから、サッカーをしてる子供を持つ親御さんには、

まずは出来る限り練習や試合を見に行って、
何も言わなくてもいいから
そっと見守ってあげて欲しいです。


そして言葉を掛けるのなら、

誰かや何かを否定するのではなく、
可能性に対する前向きな言葉を
掛けてあげてください。


未来の可能性という意味で、
10年後はどうなってるかなんて
誰にもわからないんです。

前述のように、
ジュビロの下部組織ですら試合に出られず、
ユースにも上がれなかった。

そんな僕が
10年後に
ヤマハスタジアムのピッチに立っているなんて、
僕自身も想像できなかったことです。


楽観でも悲観でもなく、
ただ単純に、
未来というものは
信じてみる価値のあるもの。

そんなことを子供に伝えられたら、
それだけでも素晴らしいことだって思います。



山田大記オフィシャルブログより

山田大記


maruhashikouta at 11:20│Comments(0)TrackBack(0)教育 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サッカーゴールVIGO
Recent Comments