2015年03月24日

交流試合(3月22日)

image


プライマリーA 巽東6年生
0-1
2-0 きょう2
0-0
1-0 きょう

プライマリー B 対 巽東5年生
0-2
1-2 ゆうた
1-4 さとし
1-0 ガッキー

プライマリーC  対 巽東4年生
2-0 ぎょうしん ヒロト
1-1 ぎょうしん
2-0 まほろ ?
0-3

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

image



相手チームが4〜6年生のため
こちらもA.B.Cに分けて戦いました。
A戦は6年生のみ、
B戦にはA戦に出られない6年生4人と
6年生キーパー、
あとは4年生でと考えました。

残念なのは
4年生がB戦には出たくないと言い
結局6年生が頑張ってくれたことです。

最初B戦に出た4年生は
体格のいい5年生相手に
何も出来ないからイヤだと
それ以降は出ませんでした。

B戦の試合前に
『試合出たい人は?』と聞くと
3年生がすぐに手をあげました。

4年生は、
自分が出来ること出来ないことが
分かっているからこそ
強い相手とやりたくないのでしょう。

でも
いつまでも弱い相手とばっかり戦って
勝ってうれしいかな?

4月からは今の6年生はいなくなります。
5年生も少なく
今の4年生が中心となって
チームを引っ張っていって欲しいと願っています!

相手の14番は4年生なのに
ずっとA戦に出ていて
最後のC戦だけ4年生チームで出てきて
誰も止められませんでしたね。

自分も成長するけど
相手だって成長します。
今すでに自分より上手い子に
近づいて追い越すにはどうしたらいいでしょうか?

自分一人では、しんどいけれど
みんなで少しずつ成長したら
チームとしてはすごく成長出来ます。

でも1人が成長ゼロなら
掛け算したらチームとしてはゼロになります。

だから私も成長するため頑張ります!

保護者の皆様いつも応援ありがとうございます!

巽東FCの皆様
いつも会場設営片付け
ありがとうございます!
有意義な1日になりました!

とみた

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

日本人はよく、
「シリコンバレーは失敗に寛容だが、
日本社会は失敗した人を許さない」と言いますが、
この理解は完全に間違っています。
シリコンバレーは失敗に寛容なのではなく、
「失敗経験がない人など、まったく評価しない」のです。
 
 なぜなら「失敗経験がない」ということは、
「これまでの人生において、チャレンジをしてきていない」
とみなされるからです。
「できる範囲のことしかやってこなかったのでは?」
「高い目標を掲げた経験がないのでは?」と
疑われるのです。
 
 また、失敗経験がない人は
「成功するのに必要な学びを得ていない」とも
思われます。
失敗から得られる学びは非常に大きく、
成功のために不可欠な経験と考えられているため、
一流大学を出ていても失敗経験のない人は、
学びの量や質が足りていないと判断されてしまいます。
 
 このためしばしば若者は、
「早く失敗しろ」とせかされます。
「できるとわかっていることばかりに時間を使わず、
できないかもしれない大きな目標に
早くチャレンジしろ。
もちろん失敗するだろうが、
話はそれからだ」
というわけです。

ちきりん(2015)『マーケット感覚を身につけよう』ダイヤモンド社


maruhashikouta at 13:42│Comments(2)TrackBack(0) 試合結果 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大島@巽東小FCコーチ   2015年03月25日 11:36
TMありがとうございました。

内部紅白戦では見えなかったTHSFCの課題も浮き彫りにされ、とても実りある1日でした。本当にありがとうございました。

こちらで書かれてるコメント、私の身にも染みてきます(^o^)頑張らねばっ!
2. Posted by プライマリーカラーFCとみた   2015年03月26日 21:36
今回は私一人でご迷惑をかけないかと心配の中行かせて頂きました。
子ども達の成長を近くで見られることが嬉しいですね。
大人も負けないように頑張らないといけないなあと思います^_^
これに懲りずまたよろしくお願いします!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サッカーゴールVIGO