2009年05月02日

休日もサッカー

IMG_0145


今日は、数年前、一緒にサッカーをしていた子の試合を見に行きました。

公式戦の度に、チームのコーチからメール案内を頂いていて
やっと見に行くことができました〜!

良い天気やし、河川敷やし、ビールでも飲みながら遠くから…
な〜んて企んでましたが…

そのチームは数年前、1年間だけですがお手伝いに行っていたクラブチーム。
知ってる子やコーチがたくさんいたので、
それは止めときました( ´∀`)つ

コーチの、その子に対する評価が、意外に高く、
期待されていたのは嬉しかったです。
ま、本人の努力と能力ですけどね。

しかし、公式戦で固いというか、消極的なプレイが多く、少しガッカリ。
試合は勝ちましたけどね〜。

先ほど、コーチからわざわざ電話頂きました。

コーチの狙いや、その子に期待していること・課題などを話しました。

こうやって、チームが変わっても、
協力して選手を育てようとしてくれる環境が、
もっとできたら良いのにな〜と思いました。
手前味噌ですが…(*゚∀゚)っ

明日も、中学校の大会があるので見に行きたいですね〜
うちの練習と時間がかぶってる…(´−д−;`)

みんな頑張れ〜!
明日も勝って、次、見に行けるチャンスを私に〜!!
maruhashikouta at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

GWですね〜

今日は練習・試合ないので、
また、中学生の試合を見に行こうと思います。

GW、それぞれ予定あると思います。
楽しんで来てください( ´∀`)つ
予定がある子が多かったので、試合は組めませんでしたが、
空いてる子は、練習に来てくださ〜い。



maruhashikouta at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月01日

時間の共有

29日はJリーグを見に行きました。
練習では分からなかった、子どもの姿が見れたり
下の兄弟・姉妹がいない子に、わざと下の子の面倒を任せたり…。
色んな姿が見れておもしろかったです。

練習や試合以外で時間を共有すること。
良いと思います。
色んな話をしたり、子ども同士のやりとりが見れるのが
良いと思います。

IMG_0139


試合前の練習風景。カズに興奮してるのは、おっちゃんだけか〜。

去年の今頃も話ししましたが…

お祭り気分で、ジュースやフライドポテトを買っている子がたくさんいました。

「たまには良いと思うし、禁止はしないけど…
 君らも小さなサッカー選手やんな?
 ちゃんとゴハン食べような〜」と話しました。

「禁止じゃ〜!」って言っても、普段の生活で
そんな食事の選択をしていたら、意味無いので。

まぁ、少しずつ、意識が高まれば…と思っています( -д-)ノ

maruhashikouta at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント 

2009年04月28日

試合報告(4月26日)

0−2 負け(九条南6年)
4−0 勝ち(南港SC)
0−1 負け(九条南5年)

1試合目、前半ゴール前のミスで2点取られてしまいました。
なかなか相手ゴール近くまでボールを運べませんでした。

2試合目、1対1で有利になると、こんな試合ができるんですね〜。
ただ、それが、逆効果になっている場面もありました。

3試合目、内容は一方的に押されていましたが、最後まで「楽しい試合」でした。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
試合前、サッカーの本質、ドリブルの種類、そして

「楽しい」≠「ラク」という話をしました。
ラクしたかったら、家でテレビ見とけ!って(笑)

サッカーの本質、ドリブルの種類については、
これからの練習で頑張りたいと思います。

3試合目に出た子、見ていた子は、「楽しい」≠「ラク」という意味を
実感してもらえたと思います。
正直、キーパーの活躍もありましたが、
ラクしてたら、10点くらい取られても、仕方無かったかな〜という試合でした。

ラクをして、何点も取られてたら、楽しかったかな?
どうにかして、1点取ろうと皆で頑張れたから、
楽しいと感じることができたのではないでしょうか。

絶対に最後まで頑張ってもらおうと思い、
珍しく(←応援のお母さん曰く)声をかけました。あれ、わざとです。
やったら、できるってこと、感じて欲しかったからです。
だんだん、言わなくてもできるようになってくると思います。

やっぱ、試合はいいですね〜。勝とうが負けようが。
いや、良い試合して、勝ちたいですけどね〜(☆゚∀゚)
maruhashikouta at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 試合結果 

2009年04月24日

おすすめサイト

「湯浅健二のサッカーホームページ」
http://www.yuasakenji-soccer.com/

サッカーそのものに興味がある方に、お勧めです。

専門的・抽象的で分かりにくいかもしれないですが…
僕も、サッカーの観戦(分析)・指導の参考にしています。

この「湯浅健二」という方、
日本では珍しい(他に知らないだけか…)

サッカーライターなのに、プロコーチ。
つまり、指導者が、試合の批評や
同業者である、監督に取材しているのです。
わぁ〜やりにくそう…。でも、楽しそう(☆゚∀゚)

実際、本人、楽しそうです( ̄ー ̄)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
明確な論理をベースにアプローチすれば、技術や戦術能力は確実に向上する。
しかし、ただそれだけがチーム力の源泉ではない。
闘う意思や創造性という、論理では説明がつきにくい、
精神・心理的、感覚・感性的な部分もチーム力のエッセンス。

それを伸ばすためには、選手たちの日常的な環境がひじょうに重要。
サッカー・コーチは、技術、戦術という部分だけではなく、
精神・心理的、感覚・感性的な部分をも同時に伸ばすことができるような
環境も整備しなければならないのである。

それは、サッカーが本質的に「自由にならざるを得ないスポーツ」だから。

高い技術や戦術的能力だけではなく、
瞬間の自由な発想をベースにした創造性、
極限状態での闘う意志、
どんなきびしい状況でも、自分自身で積極的にヤル気を喚起できるような
「セルフ・モテベーション能力」や
「リーダーシップ」の(そのベースである強固な意思や強烈なパーソナリティー)を
養成する環境が必要。

だそうです。
そうなんです。それが難しいんですよね〜( -д-)ノ
maruhashikouta at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー | 指導
サッカーゴールVIGO