2008年05月04日

練習&試合観戦

昨日は暑かったですね〜。
練習&試合観戦に参加のメンバーはお疲れ様でした。

前回の試合観戦(20日)の報告ブログの影響でしょうか
試合観戦中の食事について、みんな我慢(?)している様子でした。

ほとんどの子どもが補食を持ってきてくれていたのが良かったと思いました。

それでも、暑さや会場の非日常的な雰囲気のせいか
お菓子を買ったり、アイス?を買ったり。
買いに行った子も、たいていの子が僕の眼を気にしながら食べてました(笑)

解散前に、また話をしました。

「食べたい気持ちはよく分かる。だから、禁止はしない。
けど、練習した後に、体に良いものを食べた方が、体に良い。
お菓子を食べて、ゴハンをしっかり食べられなかったらアカン。
今、フライドポテトとかポテトチップスとか、揚げ物食べたんやったら
晩ゴハンでは、野菜をたくさん食べたり…バランス良く食べよう」
と話ししました。

買い食いしたことを「アカン!」と言われなかったので、ちょっと安心したような子
買いに行っても、「おにぎりか焼きそばにしたら?」と言う言葉に従った子
何も気にせず、お菓子を買った子
買いに行って、皆に分けていた子

それぞれが、
いつもより、うなずき具合(?)が
しっかりしてました(笑)


ちなみに、飲み物は、たぶん全員がお茶を買ってました。
当り前のようなことかもしれませんが
それをするのにも、相当な努力や我慢が必要だと思いました。

maruhashikouta at 08:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月01日

GWですねー

世間はGWですね。
カレンダー通りで土曜から4連休。
なかには11連休という方もいらっしゃるようで…

昨日の練習時、GWの予定を聞きました。
旅行を楽しみにしている子どもたちも、何人かいましたね。
いいな〜

3日に練習→Jリーグ観戦を予定していますが、
家族で予定がある場合は、ぜひ楽しんできてください( ´∀`)つ

特に予定がない子は、一緒にサッカー見に行きましょう!!


maruhashikouta at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月29日

勝ちにこだわる大人の弊害 

前回の続き。

最近の子どもたちは、
勝ち負けを決めることを避けているように感じることがあります

試合をしている子どもに
「今、何対何?どっちが勝ってる?」と、よく聞かれます。

主役の桃太郎が16人のお遊戯会(←本当にあったそうです)…
負けそうになったら、リセットボタンで、なかったことにできるテレビゲーム…
みんなで揃ってゴールインさせたり、全員がリレー選手の運動会…(;´Д`)

テストでは点数で優劣をつけるのに、スポーツではそれをしないのは、変ですよね?

スポーツには勝ち負けがあることを理解して、
勝ったら嬉しい、負けたら悔しいという気持ちが育つ。
子どもが勝ち負けにこだわることは、大切です。

一方で、大人が勝ち負けに強く執着すると色々な面でマイナスに作用します。


「子ども自身がサッカーをしなくなる」

試合で対戦相手に大量点を取られ負けているとします。
下を向いて意気消沈する子どもたち…。
「頑張ってないから、負けるんや!悔しくないんか!」と吠えるコーチ。

そんな場面を見たことはありませんか?

やっている子どもたちが悔しくないわけがありません。
子どもはもう十分頑張ってます(`ε´)

リードされても、どこをどうすれば良いかを考えられる子ども。
強い気持ちとサッカーを楽しむ気持ちをもってプレイできる子ども。
そんな子どもが育って欲しいです

先日の開会式の後の前座試合の観戦中のこと…
大量点で負けているチームの試合を見ながら

「8−0やで。試合になってないやん(笑)」(子ども)

「試合になってない?試合してるやん。
 負けてるけど、ボール奪いに走ってるで。
 あ、今、勝ってるチームの子、ミスしたやろ?
 あの子が頑張って走ったから、ミスしたんちゃう?
 サッカーしてるやん」(リーダー)

「…ほんまや。頑張ってるわ…」(子ども)

「負けていると楽しくない。だから「やーめた」と言って
試合をやめてもーたら、相手がサッカーできなくなるやんか。
負けてるからって、もうサッカーをやらへんってのは
フェアじゃない!サッカーしよや!1点取りにいこうや!」
そんな風に、言うようにしてます。


「子どもが上達しない」

大人が勝つことにこだわると、
小学生年代ではどんどん前に蹴るサッカーになります。
外から「前に蹴って〜」「大きく蹴れ〜」と叫ぶコーチ・親たち…
気持ちは分かりますが…

キック力がある選手が大きく蹴って、
前方にいる足の速い選手が追いかけてゴール…。
何の意図がなくても、ゴールはゴール→勝つ=OK。それで良い。良い?(゚Д゚≡゚Д゚)

せっかくドリブルやパスの練習をしても、
試合でいつもただ蹴ってばかりのサッカーでは
子どもは何の技術も磨けません。
全員がうまくなりません。チームメイトも相手チームの選手も。
(キック力と、ロングボールの処理の技術は上がりますが…
 …それはそれで必要やけど)


「子どもの成長をサポートできない」

大人が勝ちにこだわり過ぎるチームは、
敗戦後引き揚げるときに、この世が終わるかのような顔をしています。
コーチも子どもも、応援に来てた父母も…

大人が子ども以上に勝敗に動揺してしまう。
大人が子ども以上に敗戦に傷ついてしまう。

子どもは、目の前の勝敗に一喜一憂する。
それが、当り前。
落ち込んでは、また、立ち直る。
できたこと、できなかったことに気づき、次に自分がなすべきことを考える。

大人は目標を整理してあげたり、そのためのサポートしていきましょう。
試合から帰ってきたら
「試合勝った?」と結果を聞くだけでなく
「どうやった?楽しかった?」と聞いてあげてください。
問答ゲームのつもりで、曖昧な答えは許さないように(´∀`)

□■□■□■□■□
長々とスイマセン。
最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。
偉そうに書きましたが、僕自身、改めて心がけたいと思い、書きました。
また、ご意見よろしくお願いします。
maruhashikouta at 15:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年04月27日

初試合報告

大阪市連盟春季リーグ
Fグループ(住之江キッズ、シューダイ、長原FC、加美南FC、大阪住吉FC、PCFC)

第一試合:vs長原FC2−3(負け)
前半、4年生コンビのゴールで先制するも、
後半に強烈なロングシュート2本決められ敗戦。


後半は体格の良い相手チームの選手に苦労していましたが、
みんなであきらめずに走り続けていました。

第二試合:vs加美南FC4−1(勝ち)
後半は相手チームの疲れも見え、
こちらも楽な展開にお付き合い…?
最後までこだわって、やって欲しかったな〜

リーグ上位2チーム(計16チーム+招待16チーム=32チーム)は
8月23、24日に開催される
OSAKA CITY CUP(大阪シティカップ)に出場できます。
上位目指して頑張りましょう!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
試合前、体格の大きな相手チームの選手を見て
「大きいなぁ」とビビる?子どもたち…(((( ;゚д゚)))

そこで…

オランダ人の平均身長の話をしました。
「何の話!?」と思われるかもしれませんが…

サッカーはご存じのように
世界中でプレイされています。
夏のオリンピックでも日本は予選でオランダと対戦します。

手を伸ばして
「オランダ人の平均身長ってここやねん。184センチ」
背伸びしながら
「日本人は平均171センチ」
背伸びをやめて
「リーダー164センチ。マラドーナと一緒」

「大きい選手見てビビるんやったらサッカーやめた方がいい」
「身長、全く関係ないスポーツやればいい。ゴルフとかビリヤードとか将棋とか」
「でも、チビっこも、デカイ選手もみんなできるから世界中で流行ってる」

「それがオモロイ!」

「デカイのは有利、足が速いのは得」
「でも、それは絶対じゃない。それだけじゃない」
「足が速い奴は、寝てても速い。デカイ奴は寝ててもデカイ」
「んじゃ、何すんねん。練習してるやん」

意識して熱く話していると、みるみるうちに変わる子どもたちの表情(☆゚∀゚)
見て欲しかった〜

みんな試合楽しんでました!
その一言につきるかなーって感じです。

「楽しいってラクって意味じゃない」

前から言ってたことですが、4年生以上なら分かってるはず。
練習してできることを増やせば、もっと楽しくなると思います。

「すべての練習は試合のため(≠勝つため)」

子どもたちは、勝ち負けにこだわります。それは自然で素晴らしいコト。
でも大人は勝ち負けに主眼を置きすぎないように。
子どもたちの感情に共感してあげることは良いことです。
負けた子どもたちが「悔しい」と言って泣けば
「そうだね。悔しかったね」と共感してあげるべきです。
けれど、子どもの感情に親まで同化してしまってはいけません。

そのへんのコトは、また次回書きます。

maruhashikouta at 07:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年04月25日

初試合(連絡事項はメールします)

明日はついに初試合
天気も良くなりそうなので、楽しみですね(☆゚∀゚)

連絡メールでも伝えましたが
試合に必要なもので、忘れ物があると
試合には出場できなくなるので、
子どもたちには「試合参加の注意事項」の手紙を読ませてください。

早寝早起き&忘れ物ナシでお願いします

maruhashikouta at 16:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)