2008年12月19日

明日の試合

明日の試合は全員、現地集合しよう!と子ども達に言っています。

かなり不安ですが、信じて待ちたいと思います( ´∀`)つ

みんな無事故で( ̄0 ̄;)
頑張ろう!!

maruhashikouta at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月14日

試合報告(12月14日)

今日は雨も止んでくれて、大阪市連盟のリーグ戦ができました。

寒い中、応援、差し入れ、ありがとうございました!!

。押檻院(勝ち) あびこ
■隠院檻(勝ち) 八幡屋

1試合目の前半は
攻撃の時に、グラウンドを広く使えていなかったのが
後半はうまく空いている場所を使えるようになっていたと思います。

2試合目は相手チームの選手が8人しかいなかったので
後半5分からは8人で行いました。(1試合は前半・後半20分ずつ)


子ども達に、よく「アリ(もしくはミツバチ)」の話をしています。

アリの世界では、
女王様
働きモノ
ぐーたら が決まった割合、パーセントで生活しているそうです。

その中の働きモノばかり集めると、
今までと同じ割合で、働かない「ぐーたらアリ」が出てくるそうです。

その逆も同じで、
「ぐーたらアリ」ばかり集めると、
これまた、急に頑張り始める「働きアリ」がある程度、出てきます。 

これは人間の社会でも同じことが起こります。

「でも、それでええんかな?」と言っています。

全員が働き者のチームと
働き者が4人のチーム…どっちが良いか。どっちが強いのか…。

大人でも難しいことですが、求めてます (´▽`)

人に頼るコトも良いけど、自分で考えて決断して行動できる。
それぞれが「リーダー」になりましょう(☆゚∀゚)

と、いうことで…

来週の試合は全員、現地集合にします。
自分で考えて、良い準備をして試合を楽しみましょう!

みんな、お疲れ様でした。
maruhashikouta at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)試合結果 

2008年11月27日

本の紹介#3

スポーツは「良い子」を育てるか (生活人新書)


昨日の続編。
同じ著者の本です。こっちは、ちょっと読みにくいかも…。

「勝つために子どもを選別し、マシン化してしまう指導者。
 勝敗に一喜一憂する親、そして子ども達。
 なぜ人はスポーツをするのか。少年期のスポーツはいかにあるべきか。
 スポーツに関わる根源的な問いを考察し、
 目先の結果を追い求める少年スポーツの現状に
 警鐘を鳴らす」
(表紙より)

なぜ子どもにスポーツをさせるか?

スポーツは本当に清く正しいものなのか?

スポーツをすることで子どもにみにつけさせたいものって?

僕は4年前くらいに読んだ本です。
改めて読んでみると、感じることが違ったのがおもしろかったです。

maruhashikouta at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本の紹介 

2008年11月26日

本の紹介#2

少年スポーツ ダメな指導者 バカな親
少年スポーツ ダメな指導者 バカな親


著者は永井洋一さん。

横浜マリノス等で少年サッカーの指導をしたり
現在はサッカークラブの運営や試合解説をやったりしてますね。

かなり「ドキッ」とするようなタイトルです。

テレビの解説なんかを見てても、
時々、心配になる程、刺激的な話し方をする人です(笑)
だまってられない方なのでしょう。

「子どもにどのようにスポーツを与えていけばいいのか?
 子どもにスポーツをさせることで、
 発見させたい『何か』とはどんなものか?
 この本では、そうした部分に様々な角度から踏み込み、
 問題提起をしています。」(プロローグより)


この本は確か、去年の秋ごろ読みました。
その前に、永井さんの別の本も、読んでいたのですが
こちらの方が、具体的な、現場のエピソードが載っていて読みやすいと思います。

この本も、全てではありませんが、共感できる点が多々ありました。
お勧めです。
maruhashikouta at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本の紹介 

2008年11月25日

J観戦で思ったこと

順序が逆になりましたが、23日は長居でJリーグ観戦に行ってきました。

観客動員があり、普段の倍はお客さんが入っており、盛り上がってました(☆゚∀゚)
昇格争いの真っただ中、セレッソも踏ん張りどころですね。
入れ替え戦、あったら絶対行きたいですねー。

Jリーグはシーズンの春・夏制から秋・冬制への転換を考えているそうです。
冬場の観戦は日本人に馴染みがないからどうなんでしょう…
デメリットの方が大きいと思うのですが…

特に思ったのが…寒さ(((( ;゚д゚)))
子ども達が寒がるかと思い、毛布1枚と人数分のホッカイロを持って行った僕。
子ども達は、さほど寒がっていませんでしたが、大人は…寒いですよね〜

ハーフタイムに子ども達は、お楽しみ(だと思われる)の買い出しタイム。

温かいモノ欲しくなるのは当然ですよね。
肉まんが数名、残りは…

カップラーメン(゚∇゚ ;)


いや〜叱れませんでした。なんせ、僕も食べたかったし。
コーヒーで我慢しましたが。

そんなものしか売ってない、用意してないセレッソ(大人)が悪いなーと思いました
いや、他にもあるんですけどね、寒いとね…
温まりそうな食べ物はね…それが手っ取り早いですよ〜食べたくなるよな〜


先日、川崎フロンターレの企画部長(?正式な肩書は忘れましたが…)の特集を
テレビでやってました。

同じ川崎にある大相撲の春日山部屋と協力して、
ちゃんこ鍋をスタジアムで売ってました。
いいなー。

子ども達に
夏はアイス、冬はカップラーメンを買いに走らせる環境

こんなスタジアムに子ども達を連れて行くのはどうかと思いました。

いや、それでも、それでも、それでも
求めたらええやろーって話ですが…

さっそくセレッソのコーチに話してみましたが、変わる日はいつのことやら〜

大人が変わらないと、子どもは変わりません(#`皿´)



maruhashikouta at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)