2021年10月17日

【4年生+3年生選抜】TM(10月17日)

8人制、15分・12分ハーフ

vs進修サッカー団

0-2(0-2・0-0)
0-4(0-3・0-1)
1-5(0-3・1-2)
【OG1】

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

前日の紅白戦では
5・6年生に色んなことを助けてもらっていたことが
良く分かりました。

ボールを奪うため、ゴールを守るための準備
ボールを失わないための協力
チームでのプレイ設定も
少しずつ覚えてできるようになりましょう。

そのための練習、試合です。
昨日の紅白戦に参加していない選手が
昨日【共有】したことを
今日、急にできるわけがありませんね。

だから、参加して欲しいのです。


ま、昨日のことは変えられないので
今日できることは

【共有】したことを
知らない子には【伝える】こと。

【考える】こと
【伝える】こと
【共有する】こと 
【助け合う】こと

普段の練習からやっていきましょう。

試合での取り組みは後でBANDに掲載します。

急に冬がやってきました。
昨日は夏でしたが。

難しいですが服装などで体温調節、
食事・睡眠で体調管理して
体調を崩して練習を休むことが
無いようにしましょう。

S__113827858


お疲れ様でした。
maruhashikouta at 18:52|PermalinkComments(1) 試合結果 

【5年生】TM(10月17日)

S__113827860


8人制、15分・12分ハーフ

vs進修サッカー団

5-1(2-1・3-0)
【紙谷1、山田1】
【山田1、羽田2】

1-2(0-1・1-1)
【紙谷1】

2-1(0-0・2-1)
【羽田1、紙谷1】

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

お休みが多く
普段はやっていないポジションも
やってもらいましたが
良いプレイもたくさんあって
良い発見になりました。

特にCFに入ったリョウマの
ボールを受けるためのオフの動き

リク、トモシのスピードを活かしたプレイ

キイトのCBとしてのラインコントロールや
そのための声掛けやリーダーシップ

リュウトのゴール前や球際でのチカラ強さは
嬉しい発見でした。

みんなの良い部分がプレイに現れるのは
観ていて楽しいです。

急に寒くなりましたね。
体調を崩さないよう、服装や
食事、睡眠に気を付けて
活動を休まないようにしてください。

来週も試合あります。
練習から頑張りましょう。
お疲れ様でした!
maruhashikouta at 18:43|PermalinkComments(0) 試合結果 

2021年10月16日

【4〜6年生】紅白戦

S__113803276


今日は練習試合でなく紅白戦で
コーナーキックの守備の立ち位置
スローインのパターン
キックオフのパターン
ゴールキックからのボール出し
確認しながら行いました。

良い取り組みになりました・・・かどうかは
取り組んでいるみんなの姿勢にもよります。

同じ時間を共有していても
同じだけのものを吸収し
同じだけ成長するとは限りません。

誰が素直に話を聞いて
直向き(ひたむき)に挑戦しているかは
だいたい分かります。

ずっと、全ては指摘しませんので
自分で良い時間を過ごしてください。

試合における設定や取り組みは
メンバー限定でBANDにのちほど掲載します。

お疲れ様でした。

maruhashikouta at 19:47|PermalinkComments(0) 試合結果 | 練習風景

2021年10月11日

驚くこと

「驚く」ことが体験ネットワークを構築する

「勉強のできる子」は、その言葉を聞く前にすでに知識のネットワークが準備されている。

「勉強の苦手な子」は、体験ネットワークがすっぽり抜けてしまっていることが多い。

他の知識と断絶した知識はない。

「勉強の苦手な子」が、説明を一度されただけでは理解できなかったり、場合によっては何度説明されても理解できないのは、その言葉を受けとめるべき体験ネットワーク、知識ネットワークが欠如してるから。

「勉強できる子」でも、体験ネットワークが欠如してると理解できない。

つまり、頭の良し悪しではない。

だから、大切なことは教えるよりも体験させること。不思議な思いに浸ること。不思議に思えば興味関心が湧き、観察し、その仕組みを知ろうとする。

大切なのは、知識の量ではない。興味関心の強さ。興味関心が湧けば、無意識は自然に体験ネットワークを形成してくれる。

体験ネットワークの形成を促すのが、「驚く」こと。親である大人自身が驚き、不思議がり、興味関心を持てば、子どもも、ナンダナンダ?と興味津々となる。
自然や生命の神秘さ、不思議さに目を瞠り、驚く感性。センス・オブ・ワンダーこそが大切。

私が子どもたちの失敗に驚き、楽しむのもそのため。失敗は想定していたことと違うことが起きた現象。ということは、事前に察知できなかった何かがある。それに驚き、面白がれば、子どもも自然と不思議がり、面白がる。すると失敗からメカニズムを推定し、新たな手を考え出す。

失敗をしゃぶり尽くすように観察することは、体験ネットワークを形成する一つの方法。危険がないなら、わざと失敗させるのは手。その周辺の知識を受けとめられる体験ネットワークを形成するのに、失敗は素晴らしい体験。

maruhashikouta at 19:57|PermalinkComments(0)

2021年10月10日

【4年生+3・5年生選抜】TM(10月10日)

S__113639462


8人制、15分1本

vsリガール堺

Aチーム
0-0
0-3
0-0
0-1
0-4

Bチーム
0-1
0-7
0-5
1-2
【オウセイ1】
0-4

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

3年生も入って
慣れないフォーメーションでしたが

そんなことより

目の前の相手との1対1の守備対応、
ボールの奪い方、
奪った後のプレイ
良い経験になりました。

最初は良い場面が全然ありませんでしたが
少しずつ、粘りず良い守備から
ボールを奪う場面も増えてきました。

次は最初からできると良いですね。
お疲れ様でした。
来週も試合あるので、頑張りましょう。

S__113639463

maruhashikouta at 19:45|PermalinkComments(0) 試合結果 
サッカーゴールVIGO