2020年07月08日

食育とペペロンチーノ愛

小笠原満男×代表シェフ西芳照対談。食育とペペロンチーノ愛、蛙料理!?

これまで西さんには代表でいろんなものを食べさせてもらいましたけど、「トレーニングと同じくらい食べることは大事だ」と話しています。ただ、指導者はピッチの中しか見えない部分があって、実際に食べているところを見るのは遠征先くらい。こっちが何を言っても最後は自分次第で、まずは言い続けないといけないなと感じています。


いわきFCで食事提供をしていていいなと思うのが、練習後すぐに食事が取れること。練習終了30分後におにぎり1つ食べて、1時間後にバランスのいい食事を取る。すぐに食事をとれば筋肉の損傷も疲労も少なくなると言われていますが、練習が終わってシャワーを浴びたらすぐにご飯ですから。すごく恵まれていて、「子どもたちはそこまで分かっているのかな?」なんて思うこともありますが(笑)。


暑くて食べられなくなること。冷たいそばとかそうめんを食べることが多くありますけど、逆に胃腸を壊しやすくなるんです。暑いときほど、逆に熱いものを食べられるかは大事になるんじゃないかと思いますけどね。


夏に暑いから食べられないではなく、どんなときでもどんなものも食べられる体づくりも重要じゃないかと思います。



maruhashikouta at 21:30|PermalinkComments(0) 食事 

お休み(7月8日)

本日7月8日(水)は
グラウンド予約不可のため
練習はお休みにしています。

ご迷惑をおかけしますが、
お間違えないよう、ご確認よろしくお願いします。
maruhashikouta at 15:44|PermalinkComments(0) 予定 

2020年07月07日

大雨心配

6年前に行った神社の前の川



今の大学1年、高3と行った
佐賀県鹿島市の神社の前の川。

去年の8月も大変だったのに
今年も・・・

みなさんご無事でありますように。
当時の様子→初日
サトシ、いますよ。
maruhashikouta at 20:27|PermalinkComments(0)

時期は来る



 人はそれぞれ、異なる性格と感性を持っています。だから、子どももそれぞれ異なるスピードとプロセスで成長していきます。
 ドイツでも「この年代ではこのレベルまで身につける」といった指導要項を設けていますが、それを絶対のものとはしていません。そのことを社会全体が理解し、受け止めている印象もあります。たとえばですが、小学生が留年があるのです。「それはかわいそう」と感じる人もいると思いますが、ドイツでは「わからないことが多いまま次のステップに進めば、もっとわからないことが増えてしまう。そのほうがかわしそうだ」と考えられています。
 子どもの成長において大切なのは、時間をじっくりかけて1つ1つの「なぜ?」を理解し、自分のものにしていくこと。今できるかどうかが大事ではなく、ほかの子との比較にも意味はありません。それぞれの子どもたちが自分のスピードで、社会の中で生きていくための力をきちんと身につけていくことが大切なのです。

 何でもすぐに覚える子がいれば、ゆっくりと進んでいく子もいます。何でもまんべんなくこなせる子もいれば、1つのことだけは誰よりも上手になる子もいます。子どもたちは、どれだけ早くできるようになるかという競争をしているわけでもなければ、みんなが完璧を目指す必要もないのです。
 親としては、ほかの子ができていることなのに、いつまで経っても我が子ができないでいるとつい焦ってしまいます。でも、ほかの子と比較したからといって、我が子が急にできるようになることはありません。

 できるようになる時期は、誰にでも来ます。

 小学生という限られた期間の中だけで、「できる」「できない」というふるいにかけるのは、ただただもったいない。子どもは1〜2年、あるいは1〜2か月、それどころか1〜2日で急成長をとげることもあります。理解するまでは時間がかかっても、一度理解したら誰よりも得意になる子もいます。

 長い目で見て我慢強く、我が子が1つずつ何かを身につけていく様子を楽しんでみてはどうでしょうか。

maruhashikouta at 19:00|PermalinkComments(0)

2020年07月06日

「伝える力」と「聞く力」



 ドイツの保育園でとくに大事にされているのは、「自分でやりたいことをしっかりと言葉で説明し、相手にわかってもらえるようになること」「自分がやりたいからといって、何をやってもいいわけではないと知ること」の2点です


先日、小学生から
「学校では嫌なことを言われても
言い返すのは禁止」だと言われました。

では、どうするのかというと
「必ず、先生に言いに来るように」
と言われているそうです。

ドイツの保育園で大事にされていることは
日本の小学校では大事ではなく
大事なのは、
もめないこと?
問題を起こさないこと?

日本の小学生は
ドイツの保育園児よりも
「伝える力」を身につけなくても良い?

あ、「報告する力」はつきますかね。
ホウレンソウ。大事ですね。
たいてい、子どもは(大人も)
自分に都合が良い報告ばかりしますけど。

 
みんなで一緒に生きていくうえで大事なことを「規則」という形で押しつけるのではなく、自分たちで話し合い、適切な解決方法を見つけ出していくスタイルを大事にしているわけです。
 こうしたスタイルの背景には、ドイツでは論理的に物事を考え、それを相手に明確に伝える力が重要視されていることがあります。ドイツの人たちにとってディスカッションを通して意見をぶつけ合い、お互いの価値観や考え方を理解し、それから解決策を見出していくのは当然のことなのです。
 そのためには、まず自分がどういう考えを持っていて何をしたいのか、明確に表現することが求められます。同時に相手をリスペクトし、その話を聞いたうえで意見を述べる姿勢を身につける必要があります。


「沈黙は肯定」で良いですか?
「声が大きい人の意見が通る」で良いですか?

 このことから、ドイツの各家庭では子どもの頃から、きちんと自己主張すること、相手の意見に耳を傾けること、そのうえでどうすればいいか答えを出すことに取り組みます。さらに前述したように保育園でも、「自分が何をやりたいのか」「何をやりたくないのか」「できないときにはどうするのか」について、対話を通じて考えさせようとしているのです。


もっと対話しましょう!
仲良くケンカしましょう!
maruhashikouta at 19:00|PermalinkComments(0) 本の紹介 | 指導
サッカーゴールVIGO